« コウモリ月琴(2) | トップページ | 楓溪さんの月琴(1) »

コウモリ月琴(3)

MOONH13.txt
斗酒庵 コウモリ月琴を直す 之巻(3)2006 11月~ 明清楽の月琴(コウモリ月琴)


   STEP3(続) 側板の割レ継ぎ

  割レ箇所の補強が続きます。

■ 前回ご紹介のコウモリさんは,こうなりました。
コウモリさん(1) コウモリさん(2)
  あとでこの上から塗装するので,インレイのようにくっきりしたシロモノにはならないでしょうが,「薄暮の蝙蝠」さん程度にうっすらと見えてるってのも粋ってもんでげしょ?

  もちろんタダ飾りとして付けたのじゃなく,割れを継ぐチギリの役も果たしてもらっています。
  右の大きなコウモリさんは,さらに例のクギ先がとびでてたところのキズ隠しでもある。

  さすがにここまでしますと,棹を挿しても,ビクともしません(今のところ)。
  また,接着の時に部材を圧縮したせいでしょうか,前より多少きっちりとはまってくれているように感じます。

コウモリさん(2)
■ 割レ箇所に裏から和紙をかぶせます。

  継いだ部分を中心にお湯で少し湿らせ,ニカワを塗って,紙の目が交差するように2度貼り。
  湿っているうちに,製本用の目の細かい「うづくり」でとんとんと叩いて,紙と下地を馴染ませます。



   STEP4 側板の再接合

側板の再接合
  今回の月琴の接合部は,部材同士のすり合わせの加工が良く,スキマもほとんど見えないくらいです。
  そのままでも良さそうなものではありますが,例によって経年の風化でニカワがとんでしまっております。
  楽器全体を鳴らすためにはやっぱり,わずかなスキマとはいえ埋めておかないと。

■ やや薄めに溶いたニカワを接合部にたらしこみます。

  スキマをあけたりとじたり動かして(壊さないていどに!),ニカワを接合面全体に行き渡らせ,裏に和紙を貼りつけて,いつもの補強です。
  あとは上の「STEP3(続)」と同じ。
  どちらも乾いたら軽くペーパーをかけて余計な紙を取り払い,上から柿渋を染ませておきます。
  最後に防湿のため,薄くカシューを刷いて保護しましょう。


« コウモリ月琴(2) | トップページ | 楓溪さんの月琴(1) »