« 2号月琴(明清楽月琴) | トップページ | 1号月琴・再修理 »

2号月琴追記

MOONH02_2.txt<
斗酒庵 明清楽月琴を直す 2-2之巻2005.5月 2号月琴 追記
(2005.05.10 - ) 2号月琴 お飾り製作記!
  1号月琴再修理中のある日のこと。
  修理が終わったと喜んでた2号ちゃん。蓮頭がポロリととれてしまいました。
  そっちのほうはスグにひっつけたんですが,興がノったので,ついでにお飾りを工作することに。
  大修理後の監視期間なので,あと半年くらいはとりつけてあげられませんが,まあ作っておいても損はないし。何より,じつわワタクシ,こういう細っちい細工物が大好きなのです。

目摂(オリジナル)
  これがオリジナルのお飾り。
  左右一対の目摂は,
  扇飾りは…何なのでしょうねえ。卍に帯(wandai=萬代)か何か,吉祥文の一つだとは思うのですが。フォルムが1号月琴の扇飾りの蝙蝠とよく似てますから,もしかするとこのコウモリくんの成れの果てなのかもしれません。
  このてっくりかえった仏壇の飾り菓子みたいな菊は,月琴のお飾りとしてはよく見る形。ほとんどまんま同じ型で,花びらだけ変えて「牡丹」にしちゃってるのも見ます。
  オリジナルの部品であり,どこもイタんではおりません。けれど――あまりに図案化,というか典型化されてしまっていて面白くない。 そのうえ細工がてんでに悪い!
  というわけで,イチから再製作ですど~ん。
目摂(製作中1)STEP 1
  まず目摂の絵柄を何にするか。
  小型の月琴では「鳳凰」が多いようですね。菊のほかには牡丹とか竹とか,魚なんてのも見ますが,「月」の琴,1号が「菊」,せめて秋草でそろえたいところ,ここは我が家の裏家紋でゆきましょう。
  「桔梗」であります。
  まずデザイン。さいしょ自分で二三描いてみたんですが,どうもしっくりこない。そこで,尾形光琳の秋草小袖の文様をそのまま使うことに。
  パソコンにとりこんだ画像から,ちょうど良さげなところを切り取り,拡大,適度に白黒にして下絵にしちゃいます。(江戸時代にはなかった,ダイタンなパクりかたですね(笑))
  さすがは光琳サマ…。
  絢爛たる小袖の,袂の隅っこの部分にあった,ほんの小さな一株だというのに,その配分,バランス,一分のスキもありません。
    (** ちなみに,下にすでに一枚切り出してありますが,こいつはその後,彫りを失敗して廃棄処分となりました。)
  扇飾りは古式にのっとり「蝙蝠」。ただ,1号と同じゃ面白くないので「蝠在眼錢(コウモリの前に穴あき錢)」の図に仕立てました。中国語で読むと「福在眼前」なわけで。やれ,おめでたや。
  「月琴基礎知識」のコーナーにも書きましたが,もともと円い月琴に蝙蝠がとまってるだけで,その意味になってるわけですから,蛇足といや蛇足なんですが。
目摂(製作中2) STEP 2
  下絵を板に写して,デザインナイフで切ったり,リューターでほじくったり。
  ノミやら切り出ししかなかった頃と違って,作業の早いこと。
  荒仕上げまでほんの2時間てとこです。
  今回の材料はアガチスかヒノキか…ハンズで買った端材なのでわかりましぇんが,さくさくと切れるわりには,けっこう細かいところまで彫りこめました。
目摂(製作中3) STEP 3 ほか
  扇飾りの方を先行して作ってしまったので,ちょっと進行が違いますが,以下工程。
● 彫ったくったお飾りは,まず柿渋の溶液の中に一昼夜漬け込みます。
● つぎにこれを日陰で干し。乾燥して木地がしまったら,毛羽立ったところを,リューターで,あちこちなめらかに仕上げ。彫りの手直し。
● それからベンガラをお酒で溶いて,柿渋で薄めたものを,表面べっとりと塗装。(液はあらかじめ混ぜておいて,1時間ぐらい置いたほうが良いようです)
● 乾いたら布でこすって,余計なベンガラは落とします。

  右写真はそこまで…ふう,約二晩の強行軍でした。
  オリジナルはこれに油を拭いて仕上げていますね。
  わたしは上から漆を塗って,檀木風にしあげようと思います。
2号月琴 修理完了1

STEP 4 付けてみました

  こんな感じ。どうでしょう?
  ちと大きかったかな?
  2号月琴の修理はこれにていちおう完了ですね。
  結局6ヶ月…半年かかりましたか。


« 2号月琴(明清楽月琴) | トップページ | 1号月琴・再修理 »