« ゴッタン阮咸(終) | トップページ | 赤いヒヨコ月琴(2) »

赤いヒヨコ月琴(1)

MOONH21.txt
斗酒庵 太清堂の月琴を直す 之巻赤いヒヨコ月琴(1)

太清堂ラベル
  去年暮れから2本同時修理に,おまけでゴッタン阮咸一本,楽器初製作,と目まぐるしい毎日が終わり,ホッと一息――つく間もなく,修理の依頼が舞いこんでまいりました。

  裏板に「太清堂」(おそらくは「たいしんどう」)というラベルが貼ってありますから,正式名称は「太清堂月琴」ナレドモ。面板上の赤いお飾り,とくに鳥のカタチのふたあつが何より目をひきます。
  水鳥が二匹。おそらくは「鴛鴦(えんおう)」。つまりオシドリだと思います。
  下に太湖石のお飾りもありますから,月琴の面板を池か湖に見立てての意匠なのかもしれませんね。

  風流な見立てではありますが,カンジンの彫がちょっとアレでナニなため,「赤いヒヨコ」にしか見えません――だもので…

  命名:「赤いヒヨコ月琴」。

赤いヒヨコ(1) 赤いヒヨコ(2)

  軸が一本折れ,あちこちヒビたりはしていますが保存状態はとてもよろしい。
  ちょっと見だと,もう「新品同様」てとこで。

  保存状態が良すぎてイマイチ時代が分かりにくいんですが,軸が細い,棹が長い,面板がやや大ぶりなどの特徴からして,月琴としては比較的新しい時代に作られたものかと思います。
  アールのキツい棹といい,指板の上となく,面板となくついたぶ厚い装飾といい,いわゆる「お飾り月琴」の類で,楽器としてはどれだけのものかは分かりません。

  とはいえ,これだけの保存状態でこの時代まで生き延びてきた貴重品。

  某少佐のザクみたいに,「ふつうの月琴の3倍」はムリとしても,まずまずはちゃんと弾けるように,ベストを尽くして修理いたしましょう!



太清堂月琴(別名・赤いヒヨコ月琴)・修理前所見

太清堂・修理前全景

  全長:640mm(蓮頭を含む) 胴径:353mm 厚・36mm
  棹長:276mm 
  糸倉:長・152mm/幅・28.5mm/高・62mm
  棹元:長・155mm/幅・28.5mm/厚:14mm
  指板:長・133mm/厚・1.8mm
  有効絃長:424mm 
  半月:長・40mm/幅・101mm/最高・10mm

蓮頭
  蓮頭:意匠は牡丹。

  ** 一度脱落したものを付け直したようだが,惜しむらくは上下が逆。
    彫りはやや浅く稚拙。

糸倉
  糸倉:ヒビ等なく健全。

  ** それどころか使われた形跡がない。軸穴内部に擦れたあとがほとんどなく,糸倉内の穴の周縁には,軸穴をあけたときに出来た木のささくれがそのまま残っている。

軸
  軸:全存なれど1本破損。太さ最大26mm,長・123mm。

  ** 破損一本は軸先,糸孔のところから折れる。黒檀製と思われる。六角形,三本溝。やや細身で長い。これも使用痕が浅い。糸をかけた痕はあるが,軸先に使用による圧縮痕などがほとんど見られない。

柱
  山口:象牙製。
  ** 糸が擦れた痕はわずかに残るが,糸溝は切られておらず,演奏で使用された形跡はない。

  柱:象牙製。
  ** 真横から見て先の丸まった二等辺三角形。

  この楽器の柱は,今まで見た象牙の品の中ではもっとも薄く(最大で4mmほど),この点だけは実用的なんですが,いかんせんオリジナル製作者の加工が悪い。

  この部品は通常,楽器の天地方向から見て弦にあたる側がわずかにすぼまった台形にされることが多いのですが,この月琴ではほぼ四角い板状。しかも,左右の切断がかなりテキトウで,第2フレットはほぼ平行四辺形となってしまっているし,通常いちばん長い第6フレットも寸足らずなうえ,左上辺のみがでっぱってしまっています。

  いくつかの柱については,後で付け直された形跡がありますが,柱それぞれの取付位置・間隔はやや均一に過ぎ,いづれにせよ正しく音階・音程に沿ってたてられたものとは思えません。

  これもまた,この楽器が「お飾り」であった証拠であります。

  飾り類:

目摂
  左右目摂:意匠は「佛手柑」。扇飾りとともにやや厚め。
    一見黒檀,正体不明。


  棹部の装飾は2個脱落しており,痕のみ。
  現在残っているものは「蒿葉」「レンジャク」。いづれも貝板製。



飾り(1)

  胴面板上のものは,オリジナルのまますべて残っているものと思われる。

  扇飾り:意匠不明。

  これと同様の意匠は過去にも数例目にしたことがある。
  かなり簡略化されてはいるが,フォルム上のいくつかの共通点から,楓渓の扇飾り等と同類の意匠と思われる。確証はないが,吉祥図「裏八仙」の「如意笊(何仙姑の持ち物)」の意匠がモトになっているのではいかと考えている。

飾り(2) 飾り(3)

  4・5,7・8フレット間と8フレットの先にあるものは紅色で,一見サンゴのようだが,感触やサンゴ材独特の「目」が見えないことから,練物ではないかと思われる。

  各個の意匠は,上から「水鳥(オシドリ・オス?)」・扇飾り。「太湖石」・「水鳥(オシドリ・メス?)」・「太湖石」

  扇飾りの下の飾りの材は象牙のようである。多少彫りと細工に投げやりなところがあり,もともとこのために作ったものではなく,根付か何かの失敗作を再利用したかのようにも思われる。

  なお扇飾りとこの飾りの裏には,製作時に補強のために貼られる和紙がそのまま残っている。

半月   絃停:ニシキヘビ皮,107×93mm。
  ** 何度かハガレを直した痕跡アリ。あまり上手ではなく,右上にニカワ染み。下左右にハミ出た痕あり。さらに右上に比較的新しい修理痕,ニカワの類にあらずセメダインか瞬接の類と思われる。

  半月:彫りのある曲面構成。ポケット型。真ん中下に花を彫る。意匠不明。蓮か?
  ** 糸孔の周囲を二重円で装飾。通常は中央に擦れ防止の丸い象牙板が貼られるが,これは木のまま。
  ここにもまた,糸を張ったり取り替えた際にできたような使用痕はまったく見られない。


  表面板:4枚継ぎ?不明。

  ** 左から3枚か4枚目の板がみょ~に色が違う。正面からの光線では分からないが,ちょっと斜めになると判然。目理は密ではないが,やや柾目の板が使用されている。

  裏板:8枚継ぎ。

  側板:4枚継ぎ,単純な木口合わせによる接合。各接合部は一見健全。工作は良い。



棹(1 全景)

棹(2 糸倉尻)
  この月琴は,棹の工作に特徴があります。

  まず棹裏のアールがキツいこと。
  高さが棹元で 33mm あるのが,いちばん深いところでは 22mm にまですぼまります。
  見栄えはかっちょいいのですが,これだけ曲線が深いと,実際の演奏では多少操作性に難があるかと思われますね~。
  好みにもよるでしょうが,たぶん1号とかコウモリさんのように真っすぐなネックの方が,手を自然にすべらせやすく,使いやすいのではないでしょうか。

  またこのデザインの影響で,ほかの月琴とくらべて,糸倉のお尻のところがかなり長くて深くなってますね。


  棹元の差込はかなりユルユルで,カンタンに抜けますが,使用によってこうなったのではなく,もともとの工作のようです。
  ちょっと特徴的なことに,ホゾの部分の横に段差がなく,ナカゴもその幅のまま継がれています。
  延長材はヒノキ。その上に「五」の上の一辺のない記号が墨書。さらに金尺に○(カネマル)の焼印アリ。

  この棹を受ける胴体のホゾ穴の加工は精確そのもので,手の切れそうな四角孔が穿たれており,内部の裏板側には棹にあるのと同じ記号が墨書されています。

  この穴から内部をのぞくと,黄金色の響き線が見えます。

  おそらく真鍮線でしょう。
棹(3 ホゾ)
胴体側棹ホゾ



  外側から見て分かった,主な要修理箇所は以下の通り――

 1)蓮頭が天地逆。
   (如意は「孫の手」なので,「爪」がアールの内側を向いていないとイケません。)

 2)ヒビ・ウキ・ハガレ各所にあり。
   A:表面板左,目摂のすぐ左,上下完ワレ。255mm。
   B:裏面中央やや左,ラベル右上下完ワレ。表面のヒビは上下端それぞれから伸び,中央のあたりでわずかに食い違う。真ん中に虫孔あり,原因か?
   C:同左2枚目と3枚目の継ぎ部分にヒビ。長200mmほど。
   D:同中央下端にかなり大きな虫孔。Bに関係ありや?
   E:表面板半月下にハガレ,地の側板の右端まで。同じ左端,面板にヒビの入るところから約3cm,木口にニカワ痕,修繕した痕跡。
 
 3)軸が1本破損。

 4)棹元ややユルし。


  また,修理するまでもないが少し気になるキズとしては,このほか――

  A:表面板右端中央やや下に打ちキズ。
  B:半月左下の側板上にヘコミ。
  C:糸倉天の間木にややハガレか?
  D:表板下半分にタルみ,半月のあたりを押すとややブカブカする。内部構造のせいか?


――というあたりがありますか。
裏板虫食い(1)
  前回の楓渓さんは,汚れは多少ありましたが保存状態が良かったのでオープン修理はしませんでした。今回の楽器も,一見した保存状態は楓渓さんより良いくらいなのですが,表板のヒビやハガレ,またなにより裏板の虫害が気になりますので,あけてみることとします。

  鶴壽堂の裏板などもそうだったんですが,虫食いってやつは,表からでは被害状況が分からないのです。穴は小さくても,板がスカスカになるくらい,縦横無尽に食い荒らされてしまっている場合もあります。

裏板虫食い(2)   そんなふうに表面板が食われていないよう,祈りましょう。

  月琴は,あけてビックリ玉手箱。

  さてさて,ナニが出ますやら…



« ゴッタン阮咸(終) | トップページ | 赤いヒヨコ月琴(2) »