« 赤いヒヨコ月琴(2) | トップページ | ウサ琴(2) »

「代用月琴」あらため「ウサ琴」(1)

USAKIN01.txt
斗酒庵 代用月琴を作る「代用月琴」あらため「ウサ琴」(1)


  新楽器命名:「兎琴」(ときん/うさぎのこと/うさぎごと),略称「ウサ琴」(ウサキン)。

  月琴ヲモトトスルモ,ナヲ月琴ニアラズ。音色未ダ明カナラザルモ,体月ノ琴ヨリ小シ。
  小キモノ,兎ハ月ニアラザルモ,月ノ縁者ナルヲ以テ名ヅク。


――とか。
  作業はナマケモノ憑きの庵主としては,ちょっと異常なペースで進んでますよぉ。



STEP4 表面板の工作
表面板(1)
  表面板を作ります。

  材料は阮咸と同じく¥100屋の「焼桐板」の表面を剥いだもの。
  阮咸と同じく3枚継ぎにしたんですが,これだと¥100板とはいえ経済性が悪いですね。
  大きな板から円形の部品を切り出すと,板をけっこう食う上に,端材がほかに使えないようなカタチになってしまいます。かえって5枚継ぎくらいにしたほうが,手間は増えますが,よりムダなく板を使えるようです。


表面板(2)
  横継ぎの終わった表面板は余計な部分をざっと切り落とし,胴体に貼り付ける前に,半月を取付けておきます。
  べつに後でもいいのでしょうが,箱になってからより,板の状態の今のうちのほうが,がっちり取り付けることができます。
  面板でいちばん力のかかるところなんで,しっかりと付いててほしいですもんね。

  半月の付いた板を,胴体に接着。
  ハミ出た部分を切って削ってできあがりです。



STEP5 PU関連の補強

PU(1)   今回の楽器はPU付き,エレキ楽器であります。

  PUの材料は秋葉原で買い集めた 圧電素子とボリューム端子(500KΩ)に6.3mmジャック。
  同じようなものを楽器店で買うと\2000以上はしますが,これだといやあ,安いですね。
  1セット\500しません。

  3つの部品をシールド線でハンダ接続したらできあがり,工作はものの10分ほどです。

  楽器のエレキ化にともなう補強,まずはジャックの取付部。抜き差しするところなので,ちゃんと補強しておかないとコワれてしまいます。

  表側はジャック穴の周囲をすこし彫り下げて,黒檀の薄板を埋め込むことにしました。
  黒檀の板の木目は側板のものと交差するように作ってあります。

  内側も同様に彫り下げ,こちらにはチークの端材で作った補強ブロックを付けます。
  側板自体は薄くなったわけですが,内外から堅い材でサンドイッチして強化してやろうというワケです。
PU(2)
PU(3)


  表板が付いたら,こちらにはボリューム端子の穴をあけます。

  ツマミのなかごがやや短いタイプを買ってきたので,そのままでは板が厚すぎて,ツマミが外に出てくれませんので,穴の周囲を部品のカタチに彫り下げ,ラックニスで固めます。

  表の補強は,このウサギさんの目摂。
  鼻先の円い部分にボリュームのツマミのところがハマります。

  回路の実験(ホントにこんな¥500もしないモノで音が出るのかな~?)をするため,ちょいと付けてみました。真ん中下,半月のま裏あたりにある四角いのが,音を拾う圧電素子です。

PU(4)
PU(5)


半月(1)
  回路を取付け,まずは弦ナシで面板を叩いてみました。
  とんとん…アンプから音が出ます。響き線がチャラチャラ鳴る音も拾ってくれてます。
  次は弦の音をちゃんと拾ってくれるかどうかですね。

  弦を張るため,棹に山口を取付け,半月には糸孔をあけます。

  穴の位置は,糸を張って位置を確かめながら決めたんですが,外絃間 32mm,内絃間 24mm 。
  1号月琴とほぼ同じ間隔となりました。

  半月は材料が柔らかめのカツラなので一工夫。
  糸孔の周りをドリルの先で少しエグって,ピックの材料にしている牛のヒヅメの薄板を埋め込んでみました。

  ホンモノ月琴ではよく,象牙や骨の円板が用いられているので,庵主も最初は象牙で作ってみたんですが,これがまた,夜店のカタヌキみたいに,完成直前になると欠けるわ割れるはとびちるわ…6枚ばかり失敗した後,手慣れた素材にチェンジ!
  実物にも水牛角を使った例がありますから,まあまんざらヘンなものでもないでしょう。
半月(2)
** せっかくキレイに塗ってあるので,表面を保護しようと半紙など貼ってみたんですが,けっきょく2ヶ所ばかり削っちゃいました…あとで塗りなおしですね~。

  回路を付けたままで,外絃二本を張り,試奏してみました。
  単弦だし裏板もついていないんで,アコースティック楽器としての音色は分かりませんが,PUをアンプにつなぐとアラ,ビックリ!

  スゴいな~,ほんとにちゃんと月琴ぽい音出てるよ~。

  響き線の効果による余韻も,あんがい採ってくれてますね。
  ただピエゾと同じく,アンプに近づけるととたんゲキレツにハウリング。

  これが欠点かな?



STEP6 裏板の工作

裏板(1)
  作り方は表板と同じなんですが,PU取付けの関係で裏板には取付け/メンテ用の穴があきます。

  穴を覆うフタもいりますねえ。

  まず材料は今までの作業で出た桐板の端材,5枚継ぎです。
  桐板がひっついたら,穴をあけます。PUのメンテができる,必要最小限の大きさ。
  穴の周囲に,裏ブタをとめるためのネジ穴をあけ,その周囲をエグって四角ナットを埋め込むためのクボミを作り,ラックニスで固めておきます。
裏板(2)


  裏ブタはいろいろ試行錯誤の結果,軽くて薄い樹脂板に。

  材質はABS。\100屋さんで買ったクリップボードを切り刻み,ツルツルの表面を粗いペーパーで荒らしてつや消しに仕立てます。

  クボミのラックニスが乾いて固まったら,エポキシボンドでナットを固定します。
  このナットの付いてるほうが,内側になります。
  この裏板を胴体に接着。
  一晩置いて,表板のときと同じくハミ出た部分を切り落とし,削り均して完成です。

  裏ブタを取付けてみたら,一箇所浮いちゃうところがあったので,表面側に一個,ナットを追加。
  また最初につけた四角ナットが二箇所,なんど付け直しても取れちゃうんで,チークを細い棒状に切ったのを楽器の中に立てて,ナットをはさみこみ,固定してみました。
裏板(3)
裏板(4)
裏板(5)



STEP7 仮組み・フレットたて

  さて,胴体も箱になったことだし,塗装はまだですが棹を挿せば構造体としては完成しておるわけです。
  めでたやめでたや。
仮組み(1)
  塗装の前に糸を張って,フレット位置の確認と加工をしておきます。
  今回のフレットは,コウモリさんと同じ竹製です。カタチを作る加工はラクですが,仕上げに手間かかってタイヘンなシロモノです。

  まずは前に実験したときと同じく,外弦2本だけで,フレットの位置と高さを決めてゆきます。

  明清楽月琴のフレットは本来8本ですが,今回はより色んな楽器と合わせやすいように,とBの2本を足して,10本たてることにしました。
  これで音域は全音で完全2オクターブとなります。

  下にゆくにしたがって長くなる,この裙広がりのデザインは「ナゾの中国月琴」を参考にしたもの。
  わたしはまだお目にかかったことはないのですが,日本の明清楽月琴にも同様のデザインのものがあるそうです。

仮組み(2)
  胴体は小さいですが,スケールはほぼコウモリ月琴と同じ約41cm。
  棹のモデルが1号なので,第4フレットは棹の上,胴体から約7mm ばかり上となりました。

  内弦の糸溝を切ってさらに実験。
  実験用の軸が1本折れちゃってるので,低音単弦,高音複弦で弾いてみます。

  操作感は悪くないですね。

  ただCのところがやや押えにくいのと,フレットを増やした影響で最高音のあたりの間隔がせまく,ちょっと音が出しにくいようです。



« 赤いヒヨコ月琴(2) | トップページ | ウサ琴(2) »