« 2007年6月 | トップページ | 2007年10月 »

ウサ琴2(6)

USA2_06.txt
斗酒庵 ふたたびウサ琴作り の巻ウサ琴2(6)

STEP11 塗装
塗装(1)
  ウサ琴4面,楽器としての機能を担う部分はもうだいたい完成。

  あとは塗装を残すのみ。

  いつものことながら,この工程に入りますと,書くことがなくなります。
  なんせ塗って,乾かし,磨いて塗って…てなもんで。

  棹や糸倉には製作中の木固めとして,すでにけっこうな量のラックニスが染みこませてありますが,上塗りに入るまえに,もう1~2度,表面をまんべんなく雑巾ポリッシュしておきます。

  胴側板も同様に,ただし木口に染みが出来ないよう,軽く軽く。
  ラックニスが乾いたら,棹の指板部分と,裏表面板のぐるりをマスキングして,さあ,上塗りです!

塗装(2)
  カシューの紅溜に黒を少し落として色を濃くしたものを,うすめ液でシャブシャブの濃度に溶き,ステンレスの蓋付き容器に作り置いておきます。

  4面同時ですから,けっこうな量が必要です。

  側板はふつうにハケで重ね塗りするだけですが,棹は糸倉のほうを下にし,ハケで塗る,というより塗料を表面にまんべんなくかけ流すカンジで。もっとお金があったら,いッそバケツみたいな容器に塗料をはってドブン,と漬け塗りしてしまいたいところですね。

  糸倉のほうをやや塗膜厚めにしたいので,乾かす時には糸倉のほうを下にして吊るします。
  重力により塗料は乾きながら下に向かうので,自然,糸倉のほうが厚めになるわけ。

  塗料溜とかできないように塗料の粘度を低くしてるんで,下に敷いた新聞紙にポタポタリ――今回は数が多いんで,棹茎の先っぽに小さな孔をあけて,ハリガネの輪っかを通して吊るしましたが,ふだんは紙止めクリップの巨大なやつなんかでやってますね。

塗装(3)
  何度か塗り重ねたら,耐水ペーパーで表面を均します。

  カシューは乾燥が遅いので,部屋の中で作業をするかぎり,どんなに注意しててもホコリが付いてしまいますが,この作業でだいたい取れてしまいますね。

  重ねては磨き,また重ねるうに,木部表面に残ったこまかい凸凹も埋まって,なめらかな,表面ツルツルの漆塗り状態に。

  ちょうどいい色ぐあいになったところ。

  最後の一塗りの直前くらいで,一度,糸倉の先端と内側や軸穴,山口の接着箇所と棹基部,そして胴体の棹をさしこむ孔などにできた塗料溜を,ヤスリでこそいでキレイにしておきます。
  いづれもあとで部品を接着したり差し込んだりするところなので,塗料溜で凸凹があるとその後の作業に支障が出ますので。


  しまいに全体をもう一二度塗って,キレイにした上から薄い塗膜をかぶせ,一週間ほど乾燥させます。

塗装(4)
  最後に#2000の耐水ペーパーに石鹸水をつけて,表面をムラなく均します。塗装したところがまんべんなくツヤ消しになったら,固く絞った布でこすって石鹸分をキレイに拭い去り,また一~二日乾燥。

  仕上げに,亜麻仁油に白棒を粉にしたものを加えたものを少量,布につけて磨きまくります。
  あんまり強くこするとカシューが溶けちゃうし,油をつけすぎると面板の端とかに染みができちゃいますのでご注意。

  今回,棹はピカピカに磨き上げましたが,胴体の方はかるく擦り痕が残る程度,ややぞんざいに仕上げてあります。使われて,磨かれているうちにキレイになってゆくことでしょう。



STEP12 お飾り製作

お飾り(1)
  塗装は一日一回~二回,その間はドンタッチボーイ。
  この間に,蓮頭や軸の仕上げなどと平行してお飾りなんかも作ってゆきます。

  ウサ琴はふつうの月琴よりフレットを二本増やしてる関係で,扇飾りがつけにくい。

  今回は数も多いことですから,左右の目摂だけでごカンベンを…

  例によってアガチスの薄板を刻みます。

  意匠は4種類。

お飾り(2)
  牡丹とツユクサ(オオトキワツユクサ,ですが),ザクロに菊。
  塗装は前回の「彼氏月琴」でもやった「オハグロべんがら」を使って黒っぽく。
  まずはたっぷり塗って,乾いたら布でこすり,余計な塗料は落としてしまいましょう。

  最後にラックニスを布に染ませたもので,上からたたくように塗って色どめ。
  テカテカでなく,しっとり半つや消しくらいに仕上げます。



STEP13 仕上げ
フレット(1)
  さあて,もうちょいだ。

  フレットの作業は,本体の塗りが終わって,塗装面の均したあと,磨きに入る前にやります。
  この作業中にニカワとかでちょっと汚れても,最後の磨きでいっしょにぬぐいとれちゃいますんで。

  フレットは竹製。

  例によって¥100屋の園芸用竹フェンスを材料とします。

  切って刻んで,だいたいのカタチにしたものを,外絃だけ張った楽器に当てながら高さを調整。
  弦も引っかからず,ビビリもしない,ギリギリの高さになったら,紙ヤスリで両面磨いて,ピラニア鋸やヤスリで両端を落として整形。

フレット(2)
  ――と…作業はカンタンですが,ウサ琴一面10本,4セットで40本ですからねえ。けっこうタイヘン。

  すべてのフレットがそろったら,まずは各々の位置を楽器にケガいて記録しときます。

  つぎに,ぜんぶのフレットをいったんはずし,まずはヤシャブシを塗って下地に色を加え,乾燥。


  下色のついたフレットに,薄めたラックニスを何度も塗って,塗装+強化します。

  今回の竹は染み込みがよくって,この作業にけっこう時間がかかり,毎日二回,裏表と左右の木口に塗り続けて一週間あまりもかかりました。
  ラックニスがじゅうぶんに染みこんで,表面に薄く塗膜ができるくらいになったら,さらに五日ばかり乾燥させ。#600のペーパーで磨いて仕上げ。

  出来たハシからニカワを塗って並べてゆきます。

  さすがに数が多いせいで,フレット並べてだけで3日!
  フレットを並べ終えたら,全体をもう一度磨き。作業中に付いたヨゴレを落とします。

   最後にお飾りと蓮頭を貼り付けて,ウサ琴2,完成です!

フレット(3)
フレット(4)



製作終わりて

4面完成前
  …いやあ,さすがに疲れました。

  もともと今回の製作実験の主眼は,「複数面を同時に製作する」ということなのでカクゴはしていたものの,一度きに4面も作るってのは,やっぱりタイヘンでした。

  いや,よく3ヶ月で出来たものです。

  それでも今回の製作でまた,ほんものの月琴の工程の解明に少しづつ迫っていっているような気がします。
  とくに分かって良かったことは,かんたんに言うと,複数の同じ楽器を同時に製作する場合「手を抜く」としたら,どういう箇所をどのように,ってことですね。

  イヤイヤ…何もわたしがこれから手抜きをしたいからじゃないですよっ!!

  月琴は大流行した楽器です。

  その最盛期には,オーダーメイドの高級品はともかく,どこの工房でも中級以下のものはある程度の数を同時に作ってたはずです――そうじゃないと間尺に合いません。
  そうした場合,一本一本をていねいに作ってゆくのにくらべると,自然,その材質にも工程・工作にもさまざまな制限が出来てきます。

  「こうしたほうがイイ音」であることは分かっていても,手間を考えるとほかの方法をとらなきゃならない場合もあるでしょう。「この材料の方がいい」「こうしたほうが丈夫」であっても,利益を考えるとできない場合もあったでしょう。

  「ここはハブける」「ここはこの材でいい」「ここの加工はこれでいい」。
  一つの材料,一つの手間,一つの工程,それらを切り落としてなお,ちゃんと「鳴る」楽器を作る,それも安価に作ること――それらは「手抜き」とはまた別次元。それはそれでリッパな職人のワザであります。

  「音という"美"を追求する」楽器製作者としての目ではなく,利益や手間も考えなきゃならない工房主としての観点から見ることによって,分かってくることもたくさんあるのですね。



  月琴の音のイノチ,「響き線」についても,新たにかなりいろんな事が分かってきました。
  線材の選び方,それぞれの加工の難易,工程の相違――なによりも,一面づつだと分からない響き線の効果の違い,音色に与える差違を,実際に耳で聞き比べて実感できたことは大きい。

  やっぱり,ただ穴あけてハリガネをさしこめばいいわけじゃないんですわ。


  最後に,ウサ琴イ~ニ号を演奏者として弾いてみたときの,各面に対する感評。
  合わせて各データーを綴っておきましょう。

  音源は音階と,音色を聞き比べてもらうため,4面でそれぞれ同じ曲を演奏してみたもの。
  波形はフリーソフト・SPWave にて解析しました。左が低音・高音の順に二回鳴らしたものの波形で,右はその4番目(高音)のおよそ1秒間ぶんを拡大してみたものです。



イ号
イ号4面

  音は大きく,やや硬め。音の胴体は短いが,振幅の大きく長い,懐の深い余韻がかかる。
  ただし響き線の構造上,線鳴りがしやすく,激しく身体を揺すって弾くような演奏者にはまったく向かない。またフレットやや高めのため,操作性に多少のクセあり。

  初心者にはやや難しいが,正しい演奏姿勢で弾く場合には,もっとも美しい音と余韻を出すことができる。その意味では,月琴という楽器の音色や特徴を,もっとも良いカタチで見せ,聞かせることのできる一本かもしれない。

試奏寸評:余韻で聞かせるタイプ。叙情的な曲に最適,歯切れのよい曲には向かない。

♪ イ号(1 音階)
♪ イ号(2 演奏)
イ号波形1 イ号波形2
ロ号
ロ号4面

  はっきりとしたクセのない音が出る。
  通常の余韻は振幅の短く細かいものだが,時として振幅が大きく,効果にズレのある,木霊のような余韻の得られることがある。これは楽器の角度か演奏姿勢によって,響き線の効果に違いが出るためのようだ。弾きこむうちに,最高の音色を常に得られる演奏姿勢を見つけることだろう。
  線音さほどなく,フレット高さもふつう。演奏時の操作性は悪くない。
  ただし第2軸の位置,角度が少し足りないため,第4軸調整のさいに2軸に手の甲が触れてしまうことがあるだろう。

試奏寸評:クセのない万能型の音色と操作性。やや余韻が足りないが,習熟により,音色はより良くなる可能性がある。

♪ ロ号(1 音階)
♪ ロ号(2 演奏)
ロ号波形1 イ号波形2
ハ号
ハ号4面

  柔らかい音。短いがうねるような余韻。フレットは低めで,トレモロ演奏などではもっとも弾きやすい。糸倉の破損あるも,現状操作に支障はない。またそのケガの功名――軸の擦り合わせをもっと慎重にしたためか,軸の具合がよく,音合わせがラク。
  音量はやや小さめ,音色も特徴的な余韻効果によりややくぐもった感があり,クリアではないが,操作性がきわめてよく,多少ウデが悪くてもちゃんと鳴ってくれる。初心者向き。

試奏寸評:音量・音色の面ではやや物足りなさはあるものの,操作性はバツグンに良い。ほか3面にくらべると,ややこもってはいるが万能型の音色で,演奏する曲は選ばない。

♪ ハ号(1 音階)
♪ ハ号(2 演奏)
ハ号波形1 イ号波形ハ
ニ号
ニ号4面

  太く硬めの音。4面中音量がもっとも大きい。胴体部分が太く長く続く,はっきりした音だが,そのぶん余韻が目立たない。ただしピッキングの工夫次第では,滑らかで素直な減衰の,かなり長く続く余韻がつく。
  直の響き線の宿命で線鳴りはあるが,さほどやかましくはない。
  音がはっきりしているだけに,1コース内の糸と糸の音のズレが分かってしまい易く,その意味で音合わせの作業ががやや繊細で難しくなっている。
  三味線風の軸,フレットもやや低めで,操作性は良い。
  ただし上記の理由で,演奏における運指やピッキング。ミスもハッキリと分かってしまうため,初心者向きではないと思われるが,ウデのある演奏者が,きっちりと弾いた場合には,かなりのパフォーマンスを発揮するだろう。

試奏寸評:楽器としての音色は良い。正確な運指,演奏に自信のあるヒト向き。

♪ ニ号(1 音階)
♪ ニ号(2 演奏)
ニ号波形1 ニ号波形2

  なお,今回の実験機4面は,まとめて「よこすか龍馬会月琴部」の面々が引き取ってくださいました。

  ただいま猛練習中のもよう。

  いままでの中国月琴での練習に加えて,弦も音階も奏法も違う楽器をイキナリやるんですからタイヘンでしょうが,とにかくガンバッテください!
  来年にはきっと,坂本龍馬はんの奥さん・おりょうさんのお墓のある横須賀のどこかで,おりょうさんのころの月琴に近いわがウサ琴たちの音色,その四重奏が聞けましょう♪



ウサ琴2(5)

USA2_05.txt
斗酒庵 ふたたびウサ琴作り の巻ウサ琴2(5)

STEP9 裏板貼り付け

裏板貼り(1)
  仮裏板で実験イロイロ。響き線の差とか特性とか。
  いくつかしそこなった実験もあったものの,もうじゅうぶんたんのーしたので,裏板を貼り付けます。


裏板貼り(2)
  手順は表板のときとほぼ同じ。
  角を落とした板を貼り付け,糸ノコで切り抜き,ヤスリで仕上げます。



STEP10 恐怖の軸削り(キャーッ!!)

軸削り(1)
  あ,さて。

   弦楽器であるかぎり,糸巻きは必要ですな。

   明清楽の月琴は4弦2コース。一面に4本の軸が必要とあいなり…………

  ぎゃあ~~~ッ!

  いや,ホントに。

  いちばんキライな作業をする時がきてしまいました。
  それも16本…16本も作らにゃならんとですよ!

軸削り(2)
  軸を削る作業全般がキラいなわけではありません。
  六角形に削るのも,軸穴と擦り合わせるのも大スキな作業です。

  キラいなのはコレ(→)。
  軸の長さに切った角材の,四面を落として四角錐にする。

  この作業が大っきらいなのでっす!!!!!

  電動工具とか使っている方々には分かりますまいが,ノコギリで角材の四面を斜めに,なるたけ正確に切り落とす,っていうのはコトバ以上にツラい作業。3cm 角ないくらいの角材はただでさえ保持が難しいうえ,チークなもんでよく滑るんですわぁ。
  一本あたり30分くらいは軽くかかります。
  ウソだと思うならやってみんしゃい。

軸削り(3)
  今回はまず,軸の材料を保持するための道具を製作。
  余ったチーク材をあちこち刻んだだけのシロモノで,これの凹に材料の角をひっかけ,当て木の角材や作業台の端におしつけるわけですが,手だけでおさえるのよりはラクになりました。

  16本+予備2本の四角錐を作るのにあしかけ三日。
  ウデはあがらず,手は傷だらけ。
  数日間,要休養。


軸削り(4)
  四角錐の太い方に,型紙をあてて六角形をなぞります。
  あとはひたすら,ミニカンナとヤスリでゴリゴリゴリゴリ…側面をやや端のそりあがったラッパ型になるように。けっこう難しいですが,ウツクシサを追求しましょう。


  だいたいのカタチができたら,細い方を軸穴にはめながら擦り合わせをします。

  あとで糸倉を塗装したりするんで,この時点で軸穴の端まで100%ぴったりはまるように作っておくと,出来上がりのときは80%――使い続けてるうちにぴったりになる――くらいのはまり具合になって長持ちします。



ハ号大破(1)
  この軸先の擦り合わせをしているうち,ハ号棹の糸倉,大破!

  そりゃもう見事にパックリと割れてしまいました。

  オドロきました――いや,割れたことではなく,それにあんまり驚いてない自分に――
  糸倉が割れたんですよ!弦楽器だとふつーおしまいです,おジャンです,ジャンジャックバルロワさんです!(誰だ,ソレ?)

  なのに割れた次の瞬間,ほとんど自然にニカワを鍋にかけ,籐を割いて,竹釘削ってました。

  ハ号糸倉の割れたほうはきれいな柾目の桂。割れ方は木目に沿ってパックリ。
  ふつうだと糸倉から作り直しでしょうが,もとの材料が良いのでもったいない。
  ふだん修理でやってることです。彼氏月琴なんかのほうが状態はヒドかった。
ハ号大破(2)
  まずは割れ目をニカワで継いで糸倉を組み立てなおし,ピンバイスで穴をあけてニカワを塗った竹釘をうちこみます。
  割れ目の中心にある軸穴を丸棒ヤスリでこころもち広げたら,以前出来損なった軸で,いったん軸穴を埋めてしまいます。

  つぎに軸穴の左右に溝を彫り込み,ニカワを塗って細く割いた籐をお湯で茹で,柔らかくしてから巻き,焼き鏝で籐を平らに均して,細かい凸凹をパテで埋めます。
  軸穴をあけなおし,内側を焼き棒で焦がしたら,だいたい処置終了。

ハ号大破(3)
  割れ目自体はニカワの接着がうまくいっていればそうそう開くことはないですね。
  竹釘は割れ目に対して垂直方向に繊維を通しておくこととと,水平方向へのズレの防止,籐を巻いて固定すれば,カスガイやチギリよりも確実。軸穴自体もうすーい木のチューブをはめこんだような状態になってます。




蓮頭(1)
  ついでに蓮頭も作っちゃいましょう。

  今回も桐の厚板+アガチスの手抜き素材でまいります。
  なんせ本数が多いんで装飾なしの雲板状のでカンベンしてください。

蓮頭(2)
  桐板とアガチスを木目が交差するように張り合わせて,糸ノコで切り出し,ヤスリで仕上げます。
  トンガリのあるほうが前,お尻っぽく割れてる方が後ろです。
  古物ではよく間違えて反対にくっつけちゃってることがありますが,このトンガリは楽器の表/前面方向のことが多いですね。

  トンガリがわを薄く,お尻がわを厚く。
  左右を落としたら,あとは紙ヤスリで磨きまくり,丸っこく仕上げます。

  桐は塗料の染み込みが良いので,このまんま塗ったらいつまでたっても塗膜ができない。
  で,形が出来たら砥粉で目止めします。
  面板と同様,ヤシャブシの汁で溶いてちょっと色を濃くしときましょうか。
  染みこみのいい木口のところには,とくにコッテリ塗ってあげましょう。
  
  乾いたら布で磨いて余計な砥粉を落とし,ラックニスで下塗り。
  さらにカシューの紅溜に黒を少し落として上塗りすると…茨城の銘菓「水戸の梅」みたいになります。
  3~4度重ね塗りします。
  丸っこいんで,塗料が勝手に縁のほうに溜まって,ちょっとしたサンバースト風になりました。
  遠めには紫檀風にも見えないこともありません。
蓮頭(3)
蓮頭(4)



軸削り(5)
  2週間以上かかりましたが,軸16本…完成。



« 2007年6月 | トップページ | 2007年10月 »