« 南越1号(2) | トップページ | 南越1号(4) »

南越1号(3)

VET1_03.txt
斗酒庵 ベトナム月琴に手を出す の巻南越1号(3)

STEP3 胴体続き

内部構造(1) 内部構造(2) 内部構造(3)

  内部構造の組み付けです。

  棹に継ぐ茎(たぶん米松,DIY屋さんで買った端材より)も作り,実際に挿して,串にした状態で胴体に入れ込みます。
  こうしときゃ,まず後で「挿さらないっ!」てことはないわけで。

  いつもですと外枠にはめこみ,円が崩れないようにしながらやるのですが,今回はそうすると,胴の厚みのせいでクランプがかけられなくなるので,左右に部分枠をはめたりしてなんとか…
  いやはや,サイズが二倍になっただけで,いろいろとタイヘンですわい。

  下桁がわずかに傾いでしまいましたが,構造上は問題なく,なんとか接着できました。

内部構造(4)
  ウサ琴の竜骨構造は,普通の月琴よりニカワでの接着部分が多いので,乾いたら柿渋を塗りまわします。

  これにて補強&耐湿&接合部のニカワを狙う厄介な虫類からもガード。
  内部がイカレたら,欠けたりもげたりより始末が悪いですからね----
  古い月琴とかではよくここで職人さんの「手抜き」が見つかります。
  後世,そうやって誰かに見つかるのもヤですからね。
  出来ることは,ちゃんとしておきましょう。

内部構造(4)

  内部構造も完成しましたので,さっそく仮組み----棹を挿してみましょう。


  バラバラ状態だと,手桶と魔法少女のナニヤラ・ステッキ的なモノにしか見えないんですが,ようやく「楽器」っぽくなってきましたねえ。


  さて,これで表面板が着けば,もう完全に「楽器」の顔になりますね。


  今回の板はいつもの¥100均の焼き桐板を削ったものではなく,府中家具さんより買った5ミリの板。
  いつものように手で削ったものでなく,家具用に機械で切り出された板なので,厚みも正確,側面の断ち切りも鋭い――ほとんど何も調整しないでも,切って,木端面にニカワを塗って合わせたら,そのままピッタリ着いちゃいました。

  矧ぎ終わった板の余分な角を切り落として,胴体に接着します。

  写真はございませんが,胴体の厚みのせいで,いつものCクランプ(5cm口)が使えず,板二枚と角材で挟みこみ,荷止めゴムでグルグル巻きに縛り上げて,なんとか接着....けっこうタイヘンでした。

  くっついたら縁を整形して,まンまるに。

  まだまだオープンバックですが,糸を張ったら三味線みたいに鳴りそうですね。

表面板(1) 表面板(2) 表面板(3)




STEP4 響き線を仕込む

響き線(1)

  もちろん,本物のベトナム月琴にはこんなもん仕込まれておりません。

  通常のベトナム月琴の胴径は,だいたい明清楽の月琴などと同じ 35~36センチほど。
  今回はエコウッドを丸ッと使い,胴の厚みは同じくらいになってますが,胴体の直径のほうはウサ琴と同じく,30センチほどです。ベトナム月琴のあの深みのある幽玄な音色は,この胴内の空間から生み出されるものなわけですが,南越1号,その点ではかなり内部の容量が足りません。

  そこで,明清楽の月琴で培った知識を使い,余韻の足りない分のリゾネーターとして,「響き線」を入れてみることとしました----たんに「ベトナム月琴に "響き線" とか仕込んだら,面白いンじゃネ?」とかいう思い付きがハジマリだったことは禁則事項です。

  茎が胴をほぼ二分する形で通っているので,直線や弧線の長いものは入れられません。

ゴッタン阮咸・内部構造
  この形にじゅうぶん入って,もっとも音色上の効果が高いのは「渦巻き型」の線。
  「2号月琴」で実物をはじめて目にし,以後「ウサ琴」の初号機,「ゴッタン阮咸」「アルファさんの月琴」など,チューブラアンプのようなうねりのある余韻が,深く長く持続する----庵主お気に入りの構造ですが,この渦巻き線には,楽器の揺れに敏感でノイズが起こりやすいという欠点があります。
  しかも構造上この「線鳴り」がはじまると,なかなか収まらない上,かなり音がでかい。

  楽器を自由にぶン回しながら弾きたいムキにはやや不向き,ということ。

  実験のときはともかくとして,思い切り弾ける楽器がいいでしょう。

響き線(2)

  ――というわけで,線は4本直線。

  いづれも通常仕込む響き線の半分くらいの長さです。
  上の線はハガネ。鋼線は硬く,短いと効果が足りなくなるので,ギリギリまで長くするため,斜めに取り付けます。下の2本は真鍮。真鍮の線は柔らかいので,短くてもちゃんと音を拾ってくれるはず。


  焼入れもうまくいったし,取り付け・調整もまあまあ。

  メインの鋼線二本がやはり短いせいで,ウサ琴とかで上手くいったときのように,金属余韻がビリビリ響きまくる,というほどではありませんが,胴に耳を付けて胴側や面板をはじくと,ちゃんと「キーン....」と金属の余韻が生まれています。
  弦の長い楽器なので,音の振幅も長い。もともとの余韻も,短い月琴よりは長いはず。
  そのぶん,響き線がこのくらいでも,じゅうぶんに面白い効果が出せるのじゃないかと,多少楽観的ながら考えています。




« 南越1号(2) | トップページ | 南越1号(4) »