« 2009年6月 | トップページ | 2009年12月 »

11号柏葉堂/12号まだ名は無い(2)

G11G12_02.txt
斗酒庵 2面同時に月琴を直す の巻(2)2009.10~ 明清楽の月琴(11号柏葉堂/12号まだ名は無い)

第2回 ご隠居!内幕ってやつァ…

第2回
  こんにちは。

  自称・武闘派系修理者(たんにランボー者,とも言う)の野良犬月琴弾き,斗酒庵がお送りいたします,月琴ハラワタ・ショーの時間がやってまいりました。

  とはいえ,今回はまだ板もベリベリ剥がしてないし,胴体もゴリゴリ削ってない…今のところ,それほどのランボーはしてませんが,さてこの後どうなるやら?

  請う,ご期待。(^_^;)


  千里の道も一歩から。
  修理の道はまず調査から。

  回りくどくとも,足らずとも,調べられる部分はどんな些細なことでも調べておく。

  ちゃんと調べないで作業を進めたため,後になって二度手間,再製作,再調整。
  そういうことは良くあります。

  実際の作業に入らないと,どうしても分からない,ってことも確かにありますが。
  はじめにどれだけしっかり調べといたかが,あとあとの作業や手順に影響することを,身をもって知らされ続けたこの数年でありました。

  今回の2面は,欠損部品はあるものの,楽器本体はどちらも比較的健全と言え,わたしがうきーッとなって ランボー怒りの大修理 はじめるほどの箇所は,いまのところ見つかっておりません。

  恒例の板剥がしもないので,内部構造は,棹穴から覗いたり,鏡を差し込んで見たり,棒をつっこんで計ったりして調べるのが関の山。

  そこで,詳しいものではありませんが,だいたいのところを絵にまとめてみましたので,記事中の画像をクリックしてご覧になってください。



1.11号・内部簡見

11号内部
参考・4号月琴内部,裏面より
※クリックで拡大※

■ 上桁,下桁ともに松板のようです。 音孔は上下ともに左右2コ。笹の葉型ですが,例によって工作は粗く,輪郭はいささかガタガタになってます。

■ 響き線は一本。 おそらく鋼線で,4号 (←写真参照) と同様の曲線タイプ。

  鏡の角度をいろいろ変えて,基部に四角い木のブロックを噛ませてあるところまでは分かったものの,固定方法までは不明----クギは見えなかったなあ。線自体は健全で,ほとんどサビも見えません。

11号内部簡見
※クリックで拡大※

  側板内側には,細かなノコ痕が斜めに残っています。加工は悪くない。
  上下桁は内壁に接着してあるだけのようですが,かなりしっかりきっちりとした加工で,左右端にスキマ等は見えません。

  小さい鏡を差し込んで見えた範囲では,作者・年代の手がかりとなるような墨書等はないようです。

  また,上桁の棹穴などの指示線はエンピツのようです。
  下桁の裏面側左に半円が墨書されていますが,何でしょうねえ。

  下桁は中央に小さな丸い孔が空いていて,左右に音孔。その先の空間は,なんとしても見えず。不明です。
  例の裏板左端の,貫通した虫食いヒビのある部分が,桁からすっかりはずれて浮いてしまっていますね。

  やれやれ,やっぱりこの部分はハガさなきゃならないようです。


  ……って,ことは,その時また,より詳しく月琴のハラワタがっ!

  きゃっほーい!!!!

  見れるのねえ。




2.12号・内部簡見

12号内部
12号内部

  材料の面だけから言うと,間違いなく11号よりは高級月琴,12号,まだ名前考えてません(汗)。

  側板が分厚いですねえ。

  棹穴のところで計ると,ほぼ2センチ近くあります。
  このためもあって,棹穴からの画像がうまく撮れませんわい。

  また,この側板には,はじめて見る加工がされています。

  どう説明していいか……たぶん厚さ最大18ミリのうち,外縁15ミリくらいまでは表裏ともに平らで,面板とくっついているのですが,内縁に沿った2~3ミリほどの角を落とし,楽器内側に向かって,台形にせり出すようにしてあるのですね。


12号内部簡見
※クリックで拡大※


  詳しくは図説(→)をどうぞ。

  よく,桁の表面板側の両端を落として,斜めに削いでありますが,あれの逆ですね。
  そちらも今のところ理由不明の加工なんですが。内側にでっぱってる,という点ではむしろ,ウサ琴の「竜骨」構造と共通してます。

  ただこれが音のためなのか,なにか強度のためなのか,ちとよく分かりません。

  側板の内側は,ノコ痕もなく,磨かれてる,というほどではないものの,かなりツルンと処理してあります。

  ----なんとなく,ただ材料をゼイタクに使いたかった,って言う気もしますが。

  上下桁の左右は,側板の,その台形になったところにミゾを切ってハメこんであるようです。


■ 桁材はこれもおそらく松。

  音孔は,上桁が左右二つ,下桁はおそらく長いのが一つ(たぶん間違いないとは思うのですが,なにせ棹穴から覗いてるだけなので,下桁の全体は見えません)。
  庵主がウサ琴でやるのとほぼおなじ楕円形の穴で,加工が珍しく丁寧!
  きちんと,均一に切り回されています。

  これだけちゃんとしてるのは,初めて見たなあ(^_^;)。
  やれば出来るんじゃん,月琴職人!
(汗…ナニをエラそうに)

  下桁の左端と,左側板内側に「二」の漢数字が書いてあります。
  11号も同じところに墨書がありましたね。
  ここだけ墨で,ほかの指示線等はエンピツなんだなあ。

  何なんでしょう?

  見える範囲では,作者・年代の手がかりとなるような墨書等はほかにありません。
  鶴寿堂と良く似た楽器なので,何かあるかと思ったんですが…ざんねん…「○○斎」の「○○」が知りたかったんだけどなあ。


■ 響き線は1本。 直線のようです。

  上桁の下,2センチほどのところ,胴体内壁に直挿し。
  頭を潰した四角釘で固定してあります。
  そこから斜め下方向,胴径の7/8くらいまで。けっこう長い線ですね。
  おそらく鋼線。少しサビが浮いているようですが,影響があるほどではなさそうです。


(つづく)


11号柏葉堂/12号まだ名は無い

G11G12_01.txt
斗酒庵 2面同時に月琴を直す の巻(1)2009.10~ 明清楽の月琴(11号柏葉堂/12号まだ名は無い)

第1回 めぐる月日は風車の弥七

  さて,前号「菊芳さん」から,ずいぶんと間が空いてしまいましたが。

  もともと,暑くなりまするとニカワが腐ったりで,マトモな修理も製作もできませんし,6~7月はパンを稼ぐお仕事期間,そして続く8~9月,猛暑の二ヶ月間は,庵主,北の生まれなもので,地元に帰り,おもに資料の整理や,清楽曲の打ち込みに日々を費やしておりました。

  おかげさまで,この四ヶ月,ほとんど工具に触れてません。

  気がついたら秋風吹いて,もうすぐ ジングルさんがベルと鳴り響く 時期ではあーりませんか。
  ちょっとキツめの作業をしても,風は涼しや,汗もひく。

  ----さあ,そろそろとはじめましょうか。

  夏,帰省の直前に一面,帰ってきてからもう一面,ネオクで落としまして。

  現在,工房には,自出しで仕込んだ二面の月琴が,修理待ち,放置プレイ 中となっております。
  去年の年末から今年の年始は,N氏の乙女ちゃん,お餅焦げたも気がつかずな特急大修理に明け暮れておりました。
  今年の末も,結句,月琴修理にて終わるかと……まったく,めぐる因果ですなあ。

  では,二面まとめて採寸と所見を。



【11号月琴・柏葉堂 修理前所見】


11号修理前全景
1.採寸

 全長:645mm
 胴体 縦:352mm 横:358mm 厚:35mm(表裏板ともに 厚3.5m)
 棹 全長:284mm 最大幅:30mm  最大厚:28mm 最小厚:18mm
 指板 長:152mm  最大幅:30mm  最小幅:26mm 厚:2mm
 糸倉 長:150mm(基部から先端まで) 幅:30mm(うち左右側部厚 8mm/弦池 12×105mm )指板面からの最大深さ:55mm

 山口欠損のため未確定ながら,推定される有効弦長: 423mm

2.各部所見

11号糸倉
 ■ 蓮頭:欠損。
 ■ 糸倉:ほぼ無傷。間木をはさまず,ムクの彫り貫。
   アールも浅く,弦池も小さく,コンパクトにまとめられている。
   全体に細めで華奢な作りだが,左右の根元の方がさらに細くすぼまっており,最下の軸孔のあたりで,幅が15mmほどしかない。

 ■ 軸:全欠損。

11号棹
 ■ 棹:損傷なし。
   糸倉とおなじく細身。背のアールはほとんどなく,直線に近い。うなじは浅く,左右のふくら下の入込みもそれほど深くはない。
   材質は桂か?ホオほどの硬さだが,やや赤みがある。

 ■ 指板:厚さ2mm ほど。
   おそらく紫檀だと思うが,不明。

 ■ 山口:欠損。接着痕のみ。
 ■ 柱(棹上):第4フレットのみ存(撮影中に剥落)。
   おそらく象牙。ほかは接着痕のみ。ケガキ線不明。


 ■ 棹茎(なかご):損傷なし。
   棹基部は 32×22.5×13mm。表面板側に,花押のような墨書アリ。
   杉材をV字継ぎ。全体の長さは 158mm。先端部の寸法は 13×4mm。
   棹基部と継ぎ材との接合には問題なし。挿込みかなりユルい。
11号なかご 11号なかご(2)

11号表面板
 ■ 胴体:比較的健全。
   表面板:5~6枚継ぎか。
   中央飾りの左に虫孔,そこから上下に小ヒビ5cmほど。
   右下に虫孔
   全体に小ヨゴレ。

   裏面板:おそらく8枚継ぎ。
   中央左,棹穴付近の木口に虫孔。右端木口に2つ虫孔
   左にヒビ,板の矧ぎ部に沿って上下をほぼ貫通,中心付近に3つほど虫孔があることから,矧ぎ面の食害によるものと思われる。
   同,中央やや右,ラベルの横にヒビ。同じ矧ぎ線,下端よりもヒビ走る,上端より13cm下端より16cm。上のヒビの上端と下端付近に虫孔。下のヒビのほうが重度か。
   下端木口に虫孔,中央付近に食害によると思われる細いエグレ溝,2~3cmほどのものが2箇所。
   中央下端やや左に虫孔,やや大きい。
   右肩より同様に10cmほどのヒビ,ただしこちらには虫孔が見られない。
   左肩に線状につながった虫孔,胴材との接着面付近に小スキマが見えることから,ニカワ面に食害ありと思われる。
   左端下部木口に打撃痕,6~7箇所。
裏面板ヒビ 裏面板虫孔・ヒビ 裏面板打痕

   側板:4枚,浅い凸凹継ぎ。棹と同材と思われる。
   部材はかなり薄く切り出されているらしく,棹穴のところでも厚みが8mmほどしかない。
   棹穴の表面板側に墨書,棹茎基部と同じ花押と思われる。
   接合は精密で,スキマはない。
   表裏面板との接着部,虫害による浮きが小数箇所見られるが,ほぼ健全である。
11号側板接合部 棹穴付近


 ■ 柱(胴体上):4本存。
 ■ 目摂:左右,菊。中央上,扇飾りに相当する位置にコウモリ。以上黒檀製。中心円飾,鳳凰。石製。
表面板飾り(1) 表面板飾り(2) 表面板飾り(3)

11号半月・絃停

 ■ 半月:損傷なし。95×41×8.5mm。
   かなり低い。材質は塗りか檀木か,現時点では不明。板状,半円型,円周部分が斜めに張り出し。糸孔に擦り止めとして,象牙か骨材と思われる材を埋め込む。
   外弦間:29mm/内弦間:23.5mm。内外弦間:約3mm。

 ■ 絃停:蛇皮。110×85mm。
   かなり傷んでおり,右下小欠損。貼りなおした痕あり。



3.11号概観

  明治中期以降の楽器,有効弦長からいうと「大型」といってもいいくらいなんですが,全体のサイズからいうと「中型」ですねえ。
  材質,作りから考えて,普及品の少し上,といったあたりでしょうか。

11号側ラベル
  今のところ作者 「柏葉堂」 の正体は不明ですが,以前,ネオクでこれと同じ 「柏葉堂製造」 のものと思われるラベルの貼られた楽器をほかにも見たことがありますので,けっこう手広く売っていたメーカーなのではないかと考えられます。

  お飾りの彫りに,多少雑な感がありますが,楽器本体の作り,工作は精密で,かなりの上手です。

  材質が,いまひとつ分かりませんねえ。

  少なくとも,檀木とかカヤではなさそうです。
  クリ(→早苗ちゃん)とかホオ(→菊芳さん)でもありませんねえ。
  使われている素材はけっこう緻密ですが,やや軽く,柔らかで,塗ってあるばかりじゃなく,実際にもやや赤みを帯びた色をしています。
  庵主のウサ琴製作で棹なんかに良く使う, 「カツラ」 じゃないかと思うんですが,自信はありません。

  棹から糸倉にかけてが,じつにスリムでコンパクトなデザインになっており,全景でもそれほど大きくはなく見えるのですが,有効弦長が平均より1cmばかり長いようです。
  棹裏はほぼまっすぐで,ずいぶんな細身ですが握って指を滑らせた感触にも違和感はなく,お飾りではない実用月琴だと思われます。

  楽器を持ち運んでいる時についたと思われる打撃痕などから,実際に使用された形跡はありますが,表面板上の撥痕も顕著ではなく,半月にも糸の擦れ痕がそれほど見られないことから,長期間演奏に使われたことはなさそうです。

  裏板の虫食いが多少心配です。

  左側の貫通しているヒビのところなど,かなり食われてしまっているかもしれません。
  最悪の場合,一部剥がして,貼りかえる必要がありそうです。



【12号月琴・名称未定】

12号修理前全景
1.採寸

 全長:645mm
 胴体 縦:356mm 横:366mm 厚:37mm(表裏板ともに 厚5mm)
 棹 全長:290mm 最大幅:33mm  最大厚:33mm 最小厚:19mm
 指板 長:155mm  最大幅:33mm  最小幅:28mm 厚:3mm
 糸倉 長:154mm(基部から先端まで) 幅:32.5mm(うち左右側部厚 8mm/弦池 14×95mm )指板面からの最大深さ:61mm

 山口・半月ともに欠損のため未確定ながら,推定される有効弦長: 425mm

2.各部所見

12号糸倉
 ■ 蓮頭:欠損。
 ■ 糸倉:損傷なし。ムクの彫り貫。
   蓮頭に隠れる部分,中級品だと間木をはさみこむ,糸倉の先端部が,かなりぶ厚く,長くなっている。

 ■ 軸:3本残る。
   長:120mm,径:28mm。おそらく棹・胴材と同じ木を塗ったもの。側面のラインが軸尻にかけて反り上がった,優美な造りである。

 ■ 山口:欠損。接着痕のみ。
 ■ 柱(棹上):全欠損。ケガキ線,接着痕4つ残る。

12号棹茎
 ■ 棹:損傷なし。
 ■ 指板:厚さ3mm ほど。黒檀。

 ■ 棹茎(なかご):損傷なし。
   棹からムク。基部で 25×13 ,根元からの長さ 124mm。先端部で 15×7,先端四面削ぎ落とし。
   表板方向にわずかに反りあり。

12号表面板
 ■ 胴体:比較的健全。
   棹穴左にササクレ小。

   表面板:5枚継ぎか。
   中央,第五フレット右端の上あたりに虫食いの溝,2cm ばかり。その右横に小ヒビ。中央下縁,木口に小ハガレ,ヒビ中心付近まで走り,ややウキあり。

   裏面板:9枚継ぎ?
   左端中央に打痕。左肩より小ヒビ,胴体の3/4ほどまで。虫損と思われる。エポキシによるとおぼしき充填修理痕あり。
   中央下に虫孔,エポキシを充填済み。右肩木口より小ヒビ,断続的に胴体2/3ほどまで。未修理。

   側板:4枚木口すり合わせ接着のみの接合,接合はほぼ健全。
棹穴ササクレ 側板接合部

 ■ 柱(胴体上):4本存。
 ■ 目摂:左右,菊。中央,帯唐草。中心飾り,黒檀板に桃を線刻。
目摂 扇飾り 中心飾り



 ■ 半月:欠損。接着痕とケガキ線のみ。
   面板上に,半月がモゲたときにできた思われるエグレ,左右にあり。左のものやや深し。
12号半月痕 半月剥離痕

 ■ 絃停:欠損。
   痕跡のみ。100×70mm。下辺,半月との境付近に,いくつか深めの虫食い痕が残る。



12号印章
  12号いまだ名はございません。

  裏板の上辺中央に「○○斎」というような名前入りの楕円形の印が捺してあるのですが,肝心の「○○」のところが読み取れません。同じような印を付けた作者に「好音斎」というのがあるのですが,これの二番目の文字は「音」ではなさそうです。

  宅急便さんから受け取ったとき,第一番の印象は 「重っ!」 でした。

  11号と持ち較べてみると,格段に重い楽器です。

12号棹
  主材はおそらくカヤ。

  この材料と,作りから言って,おそらく中部以西,関西方面で作られた楽器ではないでしょうか。
  棹の姿などは名古屋の「鶴寿堂」さんあたりのそれに似てなくもありません。
  指板の黒檀も厚めで,面板には,かなり目の詰んだ上等の桐板が使われています。

  最高級のものではありませんが,かなりの高級品だったでしょう。

  棹は横から見ると,背面に少しアールがつき,やや薄めなのですが,指板の幅が広く,ふくらの下のくびれもさほど深くはないため,全体にはやや太めな印象があります。
  糸倉の幅も広く,頑丈そうです。また棹頭がぶ厚くなっているので,持ったときややヘッド・ヘビーな印象があります。

  このあたり,演奏上多少の問題,または影響があると思うなあ。

裏板修理痕
  表裏の板にほとんどヨゴレがなく,また裏板の虫食いに補修痕があることなどから,それほど昔ではない時期に,現代ヒトの手により一度修理されているようです。
  修理の仕方は本格的で,あるていど楽器のことを分かっている者の手になるものと思われます。

  ただ,半月の剥離痕がやけにキレイで,エグレ部分がややなめらかになっていること。また,山口,フレット等が再接着された形跡が見られない。面板に較べて胴や棹にヨゴレが残っている----などから見て,前修理者は,ある程度の清掃作業まではしたものの,修理は途中で投げ出したようです。

  左右の目摂と中央の扇飾りは,いづれも多少彫りが甘く,やや稚拙な印象を受けます。中央の円飾りは,単純ですが,線刻はそれそこに上手い。どちらかは後補の部品かもしれません。

  途中でポイしたとはいえ,だいたいのところはキレイにしてくれているので,修理作業は主に,なくなってしまっている半月の再製作・取り付けと,軸1本の再製作が中心でしょうねえ。

(つづく)


« 2009年6月 | トップページ | 2009年12月 »