« 11号柏葉堂/12号照葉(5) | トップページ | 11号柏葉堂/12号照葉(7) »

11号柏葉堂/12号照葉(6)

G11G12_06.txt
斗酒庵 2面同時に月琴を直す の巻(5)2009.10~ 明清楽の月琴(12号照葉)

第6回 月琴12号照葉 コモノノオウコク

  実際はほとんど同時進行,ゴチャ混ぜ作業だったんですが。

  いちおう順番どおり,11号のほうが先に片付きました。


  さて,研究用に買い入れましたる自出し月琴12号。

  1ト月以上経ってようやく, 「照葉(てるは)」 と名づけられました。

  宅急便さんから受け取った時の感想が 「重っ!!!」 だった,てのは前にも書きましたが,庵主の現在のコンサーティナ「生葉(いくは)」と,同じくらい「重量級」の月琴です。「生葉」はおそらく唐木屋さん系の人の作らしく,数種類の檀木,鉄刀木,紅木紫檀,花梨,黒檀などをぜーたくに使った楽器でした。そのため,重い。たぶん中級クラスの月琴の,2倍以上はありましょう。

  12号「照葉」の主材はおそらく「カヤ(榧)」。

  唐木を主材にした「特上品」よりは1コ落ちますが,高級家具や特上の将棋盤にするくらいで,けして安価な材料ではありません。
  そのカヤをぜーたくに使って,棹も太め,胴材もぶ厚く----そもそも棹が茎までムクなわけですから,ちょっと勿体無い,ってぐらいの木取りですね。同じくカヤを主材とした鶴寿堂でも,茎は継ぎでしたものね。

12号半月痕
  あちこち厚めなおかげか,棹も糸倉も胴体にも目立った損傷はなく,欠損部品も少ないほうですが。

  ----半月が,ナイ。

  テールピースと言うか,ブリッジと言うか。琵琶では「覆手(ふくじゅ)」と言いますね。
  弦楽器で,糸の片方を結び付ける部分が丸ごとないわけですから,楽器としてはけっこう「重症」と言えるかもしれません。

  この半月,弦の力がかかるところですからね。ふつうは,まずカンタンには取れないよう,丁寧に,強固に接着されてしかるべき部品なのですが,古物では取れちゃってるのもけっこう見かけますし,前に修理した十六夜くんなんか,演奏中にぽーんとハガれて演者のおデコ,直撃したそうですから,そういうこともなきにしもあらず。

  特上品ではないとはいえ,これだけの材の楽器です。
  蓮頭と半月も,もとは黒檀とか紫檀だったかもしれませんが,資金難かつ工房の工具では歯が立ちませんので,ここは一丁,手馴れたカツラで作ろうと思い----そのかわり,意匠で思いっきり凝ってみますね。



  まずは楽器の頭から。

  「蓮頭」と呼ばれている割には,意匠が「コウモリ」さんになってたりするのをよく見かけますが。
  今回は伝統的な蓮の花の意匠で作ってみました。

  二日かけて彫り上げたやつを,沸かしたオハグロ液にブチ込んで染めます。
  そして上から,カシューの紅溜で拭き漆風に仕上げると,ちょっと目には紅木紫檀あたりにも見えなくはない。
蓮頭(1) 蓮頭(2) 蓮頭(3)


  さて次にいよいよ「半月」,今回の修理のメインとまいります。

  半月自体は無くなっちゃってるんですが,その接着痕と製作時のケガキ線が残ってますから,だいたいのカタチや大きさは分かります。これを半透明の用紙に写し,型紙を起こして,カツラの板を切り出します。

  ( ゚Д゚)ゴルァ!! (^▽^) ってとこかなあ。
半月型起し(1) 半月型起し(2) 半月作り(1)

半月作り(2)
  平面的な形やサイズは分かるものの,立体的な形は不明です。

  材質や作りから考えて,これは関西方面で作られた楽器だと思います。
  しっかり調べたわけではないのですが,月琴の半月は,関東では平面,関西では曲面のほうが多いようです。
  同じカヤ製の鶴寿堂なんかもそうでしたしね。

  そこでまず,形はドラ○モンのポケットのような曲面構成で。
  よくある意匠は,えーと……「蓮の花」ですね。
  しまった,蓮頭を「ハス」にしちゃったんだっけ!
  うむ,じゃあ,こちらは逆に蓮頭でよく使われる意匠 「コウモリ」 で行ってみましょう。

  とはいえ,コウモリさんを一匹,ただ彫るんじゃ面白くはありませんね。もう少し,ひねってみましょう。
  デザインに二日,彫るのに4時間。おまけに塗装に2週間。

  なんかこれなら,黒檀のカタマリ彫った方が早かったですかねえ。

半月作り(3)
半月作り(4)
半月作り(5)

  蓮頭と同じく,オハグロで染めて,カシューで上塗りですが,蓮頭より若干ツヤ塗りにします。

  最後の方で黒と紅溜を二三回ベタ塗りで重ね,研いで縞目を浮き出し,指板の黒檀に似せる----っと,お江戸の職人さん伝来の技法の応用です。ちょっと見たくらいで,これを「塗り」だと気づくような輩は,プロの骨董屋さんか美術品詐欺師です,ご注意を。(笑)

  素材自体が柔らかいので,糸穴の補強を兼ねて,象牙の薄板を埋め込みました。その円盤には糸穴があきますので,これをむかしのお金「穴あき銭」に見立てます。
  コウモリさんは二匹,左右からその穴あき銭を噛んでいる。

  中国語で穴あき銭は「眼銭(イェンチェン)」,コウモリは「蝙蝠(ピェンフー)」。 「眼銭」は「目の前(眼前)」,「蝙蝠」は「福だらけ(遍福)」に通じます。これすなわち「眼前遍福(イェンチェンピェンフー)」という洒落になるわけです。

  さらにコウモリさんとコウモリさんとの間に,小さな蓮花を添えました。
  これでも一つ「福(コウモリ)縁(円)連(ハス)至(ずーっとシアワセ)」の出来上がり。 「宝珠」も抱えて目出度いなァ,と。

  月琴という楽器は,今でも中国では,吉祥の贈答品としても使われます。

  そのためその意匠には本来,こうしたお目出度尽くしの洒落が多く含まれていたはずなのですが,日本で複製されるうち,また独自に製作されてゆくうちに,もとの意匠,もとの意味を失って,何だか分からなくなってしまったお飾りも少なくはありません。



お飾り作り(1)
  さて,楽器の中心線上にある,この蓮頭と半月という二つの部品を凝りに凝って,彫りに彫りまくってしまったために……オリジナルのお飾りが,似合わなくなってしまいました。

  まあ,もともとちょっとヒドい作りですからねえ。

  一番目立つ目摂の菊なんか,「一つ目のデメ金」 みたいです。葉っぱの彫りもテキトウ。なんか全体に「ぐんにゃり」「げんなり」といった感があります。

  扇飾りはまあ,こんなものでもいいんですが,やたらと角が取れてて,彫りが丸まっちい。
  ここはもうちょっと,綾格子の窓みたいにシャープなほうが,庵主は好きです。

  オリジナルがちゃんと残っているのにそれを使わないというのは,修理の本道からははずれますが。

  今回は半月からして再製作。
  音に関係のある部品が欠けてしまっているので,オリジナルの音はハナから分かりません。
  早苗ちゃんほどではないけれど,修理楽器としては 「再生」 に近い。

  ここは12号照葉ちゃんの,楽器としての新しい門出に「花」を添えてあげようと思います。
  ぜいたくな材質と作りに合った,も少しマトモなお飾りを。
  まあ,気に入らなければ,もとのお飾りに貼り換えてもらやイイですからね。


よくある菊
  オリジナルと同じく,目摂は「菊」。

  よくあるデザインは花を真横から見たというか…花びらがそっくりかえってるというか(→図参照)。

  1号のように正面を向かせたものもないではありませんが,今回のは斜め正面,庵主のオリジナル角度です。
  お飾りは朴の3ミリ板で作ります。

お飾り作り(2)
  目摂の大きさに切った四角い板を二枚,両面テープで貼り合せ,表にコピーしたデザイン画,裏に割れ防止の和紙を貼って,透き貫くところにドリルで穴を開けたら,糸ノコで外側の輪郭をだいたいのところ切り出します。
  そのあとはひたすらアートナイフ----刃先が何本逝ったやら。
  彫り線をリューターでキレイにし,擦り板で裏を削いで,半分くらいの薄さにします。

  左をまずあるていどこさえてしまってから,それを参考に右を彫る。

  ふだんの修理ですと,目摂のオリジナルが残っていて,無くなってるどっちか一方だけを彫ることが多いんで,両方とも彫るってぇ機会はそうそうございません。まあ,けっきょくやりかたは同じですがね。

お飾り作り(3)
  庵主はむかし篆刻(書道とかで使うハンコ,「落款」なんちゅう類のものを作るアレです)のけーけんがありますんで,左右反転仕事には慣れてますが,同時にこうして左右一対のものを作る時,「完全に同じにはしない」というのが鉄則であるというのも知っております。
  人間の顔なんかもそうなんですが,右半分と左半分,同じように見えても実際にはけっこう違っています。
  月琴という楽器も,胴体はまん丸で一見左右対称のように思えるのですが,実際には歪んでいたり,中心がわずかにズレていたりします。

  月琴の「目」にあたるお飾りも,顔と同じようにわずかに違えたほうがいいのです。
  …いえいえ,けっして。
  「100%同じはムリだしぃ」とか,
  「えー,メンドイぃー」とか,
  そんなことァ,思ったこともありません!
  …ありません……ってばよ。


お飾り作り(4)
  目摂の次は扇飾り。

  扇飾りでは,これと大同小異の意匠がかなり多く見られますね。
  たぶんこれは帯が「まんじ」型にからまった「万帯(=万代)」という吉祥紋がもとだと思うのですが,ほとんどの場合,意味不明のただの唐草紋になっちゃってます。
  これとフォルムがほとんど同じで,それをはっきり植物にしたり,流水にしたり,ヘビかナマズかウナギみたいな動物っぽくしちゃったりしている例もあります。唐渡り系の古い月琴では「喜」とか「寿」の字をくずした紋様になっていることがありますから,もともとちゃんとした意味のある吉祥紋だったことは間違いありません。

  今回は,オリジナルのものを多少フクザツにした程度。
  ぐにゃぐにゃ部分の角は落とさず,切り出した時のシャープなままにしておきます。


お飾り作り(5)
  最後は中央の円飾り。

  オリジナルは黒檀の板に「桃」を線刻しています。
  桃自体が吉祥紋なのでそこはいいんですが,ほかのお飾り----左右の菊や扇飾りと,材質も違うし,彫りの手も違う(こっちのが若干上手い)。
  さらにボンドで付けられてたこともありまして,これはもともと,ほかの楽器についていたものか,前修理時の後補部品だったかもしれません。彫りはまあ悪くないんですが,今回ほかのお飾りをぜんぶスケスケにしちまいましたので,付けるにはちょっと重たいですねえ。

  さて,何を彫りましょう?

  もと付いてた「桃」を敷衍して「三多」といきましょう。
  「三多」----すなわちモモとザクロとブシュカン。
  モモは汁が多い(多汁=多什=物持ち),ザクロは種が多い(多子=子だくさん),ブシュカンはなんだかわからないけど多い(多宝)。三つまとめて多いづくしで目出度いなァ,と,よく吉祥画などに使われます。
  ザクロとブシュカンは,月琴の目摂の意匠としてもけっこう使われてますね。

  元の円飾りを型にエンピツでなぞって,内側にだいたいの図柄を直接描きこみ,あとは彫りながら考えます。
  やれほれ,それほれ,ここほれワンワン。
  けっこうテキトウですが,まずまず,このあたりでヨロシイかと。


  お飾り三種類,彫りあがりまでの所要時間はおよそ12時間。

  音にはあまり関係のない部品ですが,小物作りはもともとキライではないですからねえ。
  そこそこに,キアイ,入りました。

お飾り作り(6) お飾り作り(7)

  蓮頭,半月と同じくオハグロ染め。
  色どめ程度にカシューを滲ませて,こちらのお飾り群は,比較的フラットな仕上げにします。


軸・オリジナル
  オリジナルの糸巻きは棹・胴体と同材のカヤか,あるいはサクラくらいの硬さの木で出来ているようです。

  黒っぽく見える表面は塗りですね。漆の溜塗りってとこでしょうか。
  けっこう反り返りのある,ミカン溝のない型です。

  最初,11号の軸のついでに,同じクルミでこさえたんですが…糸倉に少し負けてますね。
  柔らか過ぎました。
  色形は満足ゆける仕上がりになったんですが。
  棹が柔らかいホオの木で出来てる11号と違い,もう少し硬い木のほうが良いようです。

軸一代目・クルミ 軸二代目・スダジイ

  いつものスダジイでもう一本,作り直しました。
  前作と同じように,オハグロで染めて,カシューの黒と紅溜でツヤ塗り。


  ふう……今回は小物の紹介で終わっちゃいますが,ちゃんと楽器本体の修理もしてんですよ。

  次回は,そのあたりを…でわでわ。
(つづく)

« 11号柏葉堂/12号照葉(5) | トップページ | 11号柏葉堂/12号照葉(7) »