« 19号清琴斎3(2) | トップページ | 18号唐木屋(2) »

17号柏葉堂3(3)

G17_03.txt
斗酒庵 柏葉堂と三たび見ゆ の巻月琴17号柏葉堂3(3)


STEP1. 修理てェほどのもンじゃあ,ござンせんが…



  修理するところが,あまりありません。
  でもまあ,このままじゃ使えねー状態なのは確かなので,やることァやりましょう。

  まずはお飾り類をとりはずします。
  接着剤はニカワ。ニカワの量がやや多めですが,ふつうにはずれました。
  ----絃停以外は。

  この絃停,皮自体がやや厚めなうえ,めっさ頑丈に貼られちゃっています。
  フノリを使ったオリジナルの接着ですが,絃停左右にあるヒビ割れは,間違いなくこれが原因ですね。
  皮が縮んで,面板をひっぱった----ふつうは皮がはがれて終わるところを,妙に接着が強固だったのと,皮自体やたらと丈夫だったため,そのまま板に力がかかって,メリリと裂けるとこまでいったものでしょう。

  絃停の再接着を,強固なボンドなどでやった場合によく見られる被害ですが,オリジナルの接着が原因というのはそう見ませんねえ。

  皮が厚くて,筆でいくら濡らしてもキキめがありません。
  際限なくビシャビシャにするわけにもいかないので,水を染ませた脱脂綿を置いてラップで覆い2~3時間。
  なんとかハガれてくれましたが……うう~,痕がゴベゴベですぅ。

  剥がした皮は多少縮んでいますが,まだ使えそうです。
  再びこんな被害を出さないよう,裏を掻いてもっと薄くし,キレイにしておきます。

  ひび割れは表が4箇所,裏に一箇所。
  表面板の損傷は,上にも書いた,絃停左右の比較的長い裂け目が右2本,左1本。半月右下の周縁部に細いヒビが一本(2センチくらい)。そのほか欠けやヘコミが数箇所。剥がした目摂や絃停の下からも,虫食いによるキズなどが数箇所出てきましたが,いづれも軽症。だいたいは木粉粘土を充填するだけで済ませました。

  裏板の割レは,板自体の収縮によるものですね。
  裏面板は板目の板で,この割れ目の右横に大きな節目があり,その方向へ縮んだようです。
  周縁部の割レのところから中心に向かっての部分が,少し内側にズレてるのがお分かりになれましょうか?(見えないかなあ…)このへんから,斜め上方向にむかって,縮んでいます。
  この箇所,側板から少しハガれちゃってますので,まずその周縁部を再接着してから,埋め木で埋めて整形。

  たぶん「やーい××の子ぉ」的な悪戯書きだと思うんですが,すぐ横に 「も〓どのわ〓〓んのたね」 という,ありがたーい墨書がありますので(紙を貼って隠してたらしい),これを傷つけないように,ちょっと気をつけてお仕事です。


  蓮頭のところにへっついていたモノ,これの接着もニカワですね。
  使われてるのは,たぶんほかの月琴からとったお飾り(目摂)の一部。前の記事で「蘭か?」とか書きましたが,これ違いますね。「仏手柑」の実の根元の部分のようです。

  軸は2本がオリジナル。あとの2本は,この目摂と同じくほかの楽器からとって差し込んでたものらしく,糸倉と噛合いません。
  オリジナルの軸を,あちこち入替え差し替えしてみると,左側の2つの軸穴との噛み合せがもっとも良かったので,右側の2本を新たに削ることにします。

  材質は当初,両方クルミにするつもりで……
  道具箱の中を漁ってたら,ちょうど六角形まで削った素体が一本だけ出てきまして。色も硬さもクルミっぽかったんで,これサイワイと削りなおしたんですが,これ実はスダジイだったようで。
  もう一本をちゃんとクルミで作り,2本同時に仕上げてるときにようやく気がつきましてん。

  まあいいか,これこのとおり見分けはつかないし,そもそも同じナッツ系だ!(笑)


  山口はどんなのがついてたか分からないので,4号のをコピー。
  材はカリンです。
  柏葉堂の山口は,一見,単純なカマボコ真っ二つ型に見えますが,上面左右がスッっと軽く削り落とされてたり,背面下部がわずかにひっこんでたりで。実は意外とほかに例のない,凝った作りになってるんですよ。



  面板清掃までこぎつけました。

  かなり濃い目,また砥粉がやや多めのヤシャ液が使われています。
  ヨゴレはさほどでもなかったのですが,ちょっと擦るとドロドロした汁が出て,重曹水がたちまち真黒になりました。

  棹や胴体側部は,重曹水をつけて固く絞った布でさッと拭いて,乾いてから亜麻仁油で磨きます。

  うむ,キレイ。

(つづく)


« 19号清琴斎3(2) | トップページ | 18号唐木屋(2) »