« 17,18,19号仕上げ(2) | トップページ | 13号柚多田(4) »

13号柚多田(3)

G013_03.txt
斗酒庵 石村近江の衝撃波 の巻2011.1~ 月琴13号・柚多田 (3)

STEP2 穴埋めの日々,ふたたび

  ----間があきましたが。

  17~19号,明治月琴ドトウの三面同時修理も終え,資料の整理も終わりましたので。
  13号・柚多田(ユダだ)の修理にかかります。
  最初は,明治中期ぐらいにどっかの風流なシロウトさんが自作したか,近所の指物屋さんにでも頼んで作ってもらった楽器だろう,などとタカくくっていたんですが。フタをあけたら,あらビックリ!
  文久三年石村義治……江戸時代,それも何と新撰組と同い歳の楽器,しかも和楽器職の名流「石村」を名乗る楽器屋さんの作品でした。

  やっぱり「13」という数字には何かあるもンなんですね~。((^_^;)))

13号表裏面板

  13号,表裏面板上にお飾り類は何もついていませんが,表面には「弄琴明月 酌酒和風」の聯句が墨書で,裏面には見事な竹が描かれております。ただし表面板はヨゴレがひどく,また虫食い穴があちこちにあいて,かなりヒドイ状態。

  今回の修理の眼目は,この面板上の墨書をなるべく傷つけず,いかにして虫食い穴を埋め,表面を清掃するか,といったあたりとなります----さてそれでは。

  まずは表面板。写真だと何やらキレイに写るのですが,近くでじっくり見るとけっこうなもので。しかも,いつものような,たんにホコリがついたり,ヤシャ液が変色したというようなモノではなく,触ると少しベタついて,油っぽいというかヤニっぽく,今までに経験のないタイプのヨゴレです。

  まずはこれを落としましょう。


  墨書がありますので,もちろんいつものように Shinex に重曹水でゴシゴシ,というわけにはまいりません。
  策を案じます。
  キッチンペーパーで半月をのぞく板の表面をまんべんなく覆い,ハケでぬるま湯に重曹を溶いたものを染ませて,全体をラップでくるみます。

  このあたりの作業もいちおう,事情通各所にお伺いをたててからやってるわけですが。
  むかしの墨書というのは,けっこう丈夫なもので,耐水耐薬品,紙やすりでゴシりでもしない限り,ちょっとやそっとのことでは落ちないそうです----とわ聞いたものの。
  なにせこんなTVで見る壁画の修復みたいな作業,ハジメテやったもんで,さすがにどうなるかと不安でしたねえ。


  数時間おきにペーパーを換え,浮かび上がったヨゴレを,墨書を傷めないよう,脱脂綿で慎重に拭いとってゆきます。

  キッチンペーパー,一箱空になりました。

  ヤシャ液はけっこう上等なものだったようですが,かなり濃い目に塗られていたらしく,そこに積もったホコリとヨゴレで,脱脂綿をしぼると真黒な汁が出てきました。

  重曹はお台所でお茶碗の茶渋落しなんかにも使いますよね。月琴の面板の染めに使われるヤシャブシの主成分は,茶渋と同じタンニンです。今回の作業,要は桐板を漂白したみたいなもので。
  楽器内部は玉手箱,といつも言ってますが,作業が終わったら表面板が何やら白茶けてしまって----なんか浦島太郎がおじいさんになったみたいです。

  表面には墨書がありますんで。面板の虫食い穴の充填は基本,板の裏がわから行います。


  この楽器,側板が分厚い(2センチ以上もある)ので接着箇所が広いんですね。
  なもので,板の周縁部がまあ,こんなアリサマで。
  とはいえ,こういうのは裏がえすとふつうに見えますから,そのまま埋めりゃいいんですが。板の内部が食われているような箇所は,表面からは見えないので,そもそもどこにあるのか,またどのくらいのキズなのか,ふつうはまったく分かりません。

  ただ,その手の損傷は,今回のように板を濡らすと,やや色の濃いスジになって浮かび上がるので,清掃のとき細かくチェックしておきました。さらに表面にあいた虫の侵入穴から,細いハリガネなどで触診し,おおよその方向を確認しながら,裏からほじくります。

  大きな箇所は埋め木をしましたが,小さなミゾやグニャグニャに食われた場所には,楽器自体から出た虫食いの木粉や,ほじくったときに出た破片に木粉粘土と砥粉を混ぜ,ヤシャ液で練ったものをつめこみました。

  一つ一つ丁寧に。
  ただ指でなぞってつめこんだだけでは,板内部に空間が出来てしまいますからね。
  目安として,詰めものが虫の侵入穴から「ニョロン」と突き出てくるまで充填を続けます。


  向かって左端に一箇所,矧ぎ目にそって長く食い荒らされた部分があり,ほぼ貫通されていました。


  ここは一度分離させ,矧ぎ目両岸の半トンネルをそれぞれ充填し,矧ぎ面を整形してから,再度矧ぎなおしました。

  けっきょく虫食いの被害のほとんどは,周縁部の接着箇所で,縦筋で食われている箇所は思っていたよりも少なかったので,規模からいうと,ここがまあ,いちばんヒドい箇所でしたかね。


  この矧ぎ目は中心のあたりに,例の響き線を囲む構造の竹板が接着されており,そこのニカワが狙われたようです。
  竹板の下だったあたりが,特に酷く食われていてスカスカになってました。その部分は充填だけではちょっと問題があるので,やや大きくエグり,少し大きめに埋め木をしておきました。

  側板の接着箇所も埋めておきます。
  グニャグニャに食われまくってはいますが,板と違ってこちらには強度上の心配はありません。
  しかしこういうのをちゃんと埋めておかないと,面板の再接着に支障が出るでしょうし,接着剤のニカワが余計に入り込むことになるので,またぞろ虫に狙われる原因となりかねません。

  せっかく江戸時代からここまで来てくれた楽器です。
  まだまだ長生きして欲しいですものね。


  え~,一つ一つの工程にかなりの時間がかかったので,ほとんど表面板だけ,ここまでの作業で,2週間かそこらかかってますねえ。

  重曹水でかなりしつこく漂白清掃したもので,表面がずいぶん白っぽくなっちゃいましたが,墨書にはほとんどキズもつかなかったし,落款もカスレませんでした。

  虫食いも埋まり,分離した部材も矧ぎなおし。これにて表面板は,楽器の部品としてなんとか再使用可能な強度になりました。

  最大の難関-----突破ですっ!
  ここからはふつうの修理ですね。

(つづく)


« 17,18,19号仕上げ(2) | トップページ | 13号柚多田(4) »