« 明笛について(6) | トップページ | 改訂版・月琴の弾き方(2) »

改訂版・月琴の弾き方(1)

PLAY01.txt(2012)
斗酒庵流 明清楽月琴演奏法改訂版・月琴の弾き方(1)

  前回,この記事を書いたのが2007年のことですからねえ。
  そのとき生まれた子がいたら,もう5歳くらい?
  月日が流れるのは早いものですにゃ…げほげほ。

  当時はこんなマイナー楽器の扱い方,どうせ誰も読まない,使わないだろうと,かなりテキトーに書きましたので。読みにくい部分,意味の分かりづらいところなど多々あったかと思われます。深川で続けている月琴のWSももう2年だか3年目に突入,修理した楽器を知り合いにおしつけ,自己増殖的行為を続けているうち,気がつけば,周囲に月琴の弾き手が20人くらいいたりするということになりました。

  21・22号の修理も終わり,数年来懸案だった明笛の調査も一段落。
  ここらで一つ二つ,旧悪をはらっておきましょう。

  なお,「月琴の弾き方」つーても,「清楽月琴」のハナシですんで。
  現在主流の中国月琴の方々には役立ちません…あしからず。



STEP1 糸のかけかた

  月琴は「弦楽器」でありますから,糸が張られてなければただの箱なわけで。
  すべからく弦楽器の扱いは,糸を張るとこから。
  まずはどんな糸を,どんなふうに楽器にかけてやればいいのか----そのへんとこからはじめましょう!

1. 糸を買おう!

修理月琴に残っていた古い糸
  月琴には「三味線の糸」を使います。

  往時この楽器が流行していたころには,専用の糸というものもあって,そこらの楽器店で買えたのでしょうがね。今現在は伝統的な邦楽器の糸を製造販売しているところ(たとえば京都の鳥羽屋さんなど)でしか扱っておりません。
  もっとも,月琴専用の糸と三味線の糸との違いは,縒りかた番手(太さ)の差が少々と,表面に塗られている糊が黄色でなく白な事くらいですから,基本的には「三味線の糸」でまったく構いません。
  庵主もずっとそれで通しておりますが,さして問題はございませんよ。

糸
  「三味線の糸」と一口に申しましても,お座敷三味専用の細いものから,津軽三味線に使われる荷物紐みたいな太いものまで,材質も伝統的な絹から,ナイロン,テトロンなど化学繊維のものまでさまざまですね。

  楽器が健全で,特に糸倉に損傷がないのでしたら,ナイロンやテトロンの弦を試してみるのも一興ですが,基本的にはむかしの専用弦に近い「絹の糸(絹弦)」をお勧めします。

  糸の番手(太さ)は「13-2」と「12-3」。

  それを2本づつ使います。
  最初の13とか12,と言うのは糸の太さを表します。三味線糸では番手が大きくなるほど太い糸です。つぎの「2」とか「3」というのは「二の糸」「三の糸」という意味。「2」のほうが太い弦,「3」のほうが細い弦です。
  これは長唄などで使われる,比較的細い糸の組み合わせなのですが,もし音が気に食わないようでしたら,1~2号太いの細いのを使っても構いません(もっとも絹弦の三の糸はたいてい,12-3が最も細い番手になってます)。

  ご近所に三味線屋さんや楽器店の大きなところがあれば,直接購入することも可能ですが,今はネットの通販でかんたんに手に入りますし,おそらくそちらのほうが,安いものから高いものまで,いろいろ選んで買えると思います。
  庵主がふだん使っている「ふじ糸」の絹弦は,13-2が10本1セットで千五~六百円,12-3が千円くらいです。

  太いほうの弦は滅多なことでは切れませんが,細いほうは(特に最初のころは)もーしょっちゅうプッツンしますので,ちょっと多めに買っておくことをお勧めします。


2. 糸を張ろう!
国図近デジ『大清楽譜』より
  さて,では糸を楽器に張りましょう!

  月琴の糸は四本ですが,左右に2本づつ同じ太さの糸が張られます。音楽用語で言うと「4弦2コースの複弦楽器」ということになりますな。弦は少ないですが,要はリュートやマンドリンなどと同じ仲間の楽器なわけです。

  楽器を正面から見て,左右外側の弦を「外弦」,内側2本を「内弦」としましょう。
  どこからはじめても構わないとは思いますが,庵主はいつも高音外弦(細いほう,楽器を正面から見ていちばん右側)から張ってゆきます。これは庵主がさいしょのころ,安物のギター・チューナー(低音開放弦の「C(=ド)」が測れない)を使って調弦していたことからくる癖ですので,みなさんはやりやすいところからやってください。

  基本的には庵主と逆に,左端の低音の外絃から張っていったほうが,次の弦を張るとき,前の弦がジャマになりにくいと思いますよ。

  A.半月への取付け

  まずは丸くまとめられた三味線のお糸をほどきます。

  糸の片方の端に,赤とか銀色で色がつけてありますね。どっちをどっちに使ってもかまいませんが,庵主は色を塗ってあるほうを軸(糸巻き)がわに巻き取っています。

  まずはこれを「半月」(胴体上にへっついているテールピース)に結びつけましょう。手順は以下----



 1) 色のついていないほうの端(A)に,単(ひとえ)結びの輪を作りましょう。

 2) 半月の糸穴に,色のついてるほうの先端(B)を通します。(上から)



 3) さっき作った輪(A)の中に,色つきのほう(B)を通します。(下から)



 4) 通した糸の両方をひっぱりながら,輪を縮めてゆきます。

  この時,ひとえ結びの輪の「結び目」のところを,糸穴の縁にひっかけて,結び目の部分が穴の中にちょっと沈み込むよう,ひっぱる角度とか力を加減してください。

 5) 輪がほどよく縮んだところで,両端を軽くひっぱって完成。

  言っちゃえば,ひとえ結びの輪をただ半月にひっかけてるだけなので,最初のころはなんとなく危なげに感じますが,基本的には三味線や琵琶の糸の結わえかたもこれと同じですし,このあと弦をしぼってゆくと自然に締まって固まって,ハズれることはまずありません----ご安心を。


  B.糸巻きへの取付け
国図近デジ『大清楽譜』より
  エレキギターとかですと,低音の弦は一番下のペグに,高音弦は一番上のペグに巻き取りますが,月琴は向かって左端,低音の外絃が一番上の糸巻き,以下,左から右へ順繰り,一番右の高音外絃は一番下の糸巻きで巻き取ります。多少ピタゴラスの定理とかに逆らってる気もしますが,ギターほど弦の長さのない楽器なんで,音程への影響はそんなに考えなくてもいいんですよ。

  まあどうしても気になる方は,べつだんこれと逆になさっても結構(ww)。

  糸巻きへの結いつけ方は,下図を参照(クリックで拡大),糸巻きの棒の右側が,楽器の正面ですね。

  このほうが糸がユルみにくいのですが,楽器によっては軸の糸孔が小さすぎて,この「二度通し」ができないかもしれません。その場合は,もっと簡単に,孔に糸を通して巻き込むだけでもかまいません。

糸巻きへの結いつけ方

  糸を糸巻きに通したら,あとは糸巻きを回して,余分な糸を巻きとります。
  言っちゃえば単純なことですが,ここでご注意。
  糸巻きに糸がキッチリ巻きとられてないのは,いつまでたっても音が合わない原因の一つになりますから,ちょっと丁寧に。

  三味線や沖縄三線の調弦ではこのとき,軸先を糸倉から浮かし,糸巻きを多少フリーな状態にして大体の糸を巻き取り,最後に「ギュッ」と押し込んで止める,ということをします。しかし月琴は琵琶と同じで,糸巻きは浮かさず 「ドライバーでネジ回し」 の要領で巻きとります。

軸の握り方(×)
  糸巻きを回すときの 「いちばんダメな握り方」 は,右みたいにただつかんで回すやり方。
  ギターのペグなどと違って,月琴の糸巻きはただ穴に差し込んであるだけのモノなので,こんな風な手つきでグルグル回していると,先端が糸倉から浮き上がって,巻きがユルくなっちゃいます。

  上に書いたよう 「ドライバーでネジ回し」 の感じですよ。
  かならず糸巻きのお尻に力をかけ,糸倉に糸巻きを押し込むような感じで回してください。

  もっとも,あんまり力まかせにギリギリやると,糸倉が割れちゃったりしますからね----チカラ加減はほどほどに。

軸の握り方(◎)
  右側の糸巻きを回すときは写真のように,かならず親指を反対側の糸倉に,小指を糸巻きのお尻にひっかけて,握りこむようにしながらやってください。

  反対側の,左の糸巻きを回すときは,今度は親指じゃなく,小指を糸倉にかけるのが本当なんですが,庵主は手がきわめて小さく握力もそんなにないため,左側の糸巻きを回すときは下の写真みたいに,軸先が浮かないよう,右側の糸巻きを膝の上に当ててやることが多いですね。

  同じように握力に自信がなかったりする方は,左側の糸巻きを回す時も,肩とか胸に当てながら巻いてみてください。

軸の握り方(裏ワザ)
  なお,三味線の絹弦の表面には,糸を強化するためデンプン糊の類が塗布されています。
  それでなんだか細いほうの弦など,見た感じテグスのようにツルリ,カッチリとしているわけなんですが,張るときに糸がねじれたり丸まったりしてると,そこから折れて,糸が切れやすくなってしまいますので,余分な糸をある程度のところまで巻き切るまでは,糸をうまくあやしながら,糸の途中で折れ目とか結び目ができちゃわないように注意してください。

  巻き取りは均等にウツクシク----な必要はたいしてありませんが,あんまり片寄ってたりすると,音合せがしにくくなっちゃったりするので,まあまあ心得ていてください。
  あくまで「理想」といたしましては,糸倉を横から見た時にはさながら「ビルマの竪琴」のように,正面から見た時にはあたかも「翼をたたんだ鳳凰」のように見えるのが美しいかと……(Wow...マニアック!)。

  さて,月琴を弾く準備,実はここからがイバラの道。
  カクゴしてついてきてください~。



(つづく)

« 明笛について(6) | トップページ | 改訂版・月琴の弾き方(2) »