« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

月琴23号・茜丸(1)

G023_01.txt
斗酒庵 唐物かで悩む の巻2011.10~ 月琴23号・茜丸 (1)

STEP1 小さくも悩ましい


  さて, 21号,22号がそろって片付き,四畳半住居兼工房のスペースが少し空きました。
  じかしながら,ためこんだ修理待ち月琴は26号までイってまして,ここらでもう一本くらい片付けておかないと,お部屋に庵主の居る空間がまたすぐになくなってしまいそうです。

  自出し月琴23号は,少し小ぶりで端正な楽器。
  カーブの深い糸倉,絶壁のうなじ,短い棹。一見して分かる古式清楽月琴ですが,これが真正の唐物・古渡りなのか,それとも日本で作られた倣製楽器なのか,この時点ではまだ分かりません。
  胴体の表裏にラベルの痕と思われるピンク色の部分があるのですが,紙の部分がすっかりなくなっていて,なんて書いてあったのかはサッパリ分かりません----ザンネン。

  ではまずはいつもどおりの採寸から----


   全長:630mm
   胴径:353mm (縦横ほぼ同じ,円に近い)
   胴厚:35mm (うち表裏面板厚5ミリ)
   棹長:163mm (胴体から蓮頭まで)
   有効弦長:410mm

A)棹部分

  ■蓮頭:損傷あれども欠損ナシ。
  ■糸倉:損傷アリ。

  まずは観察,アタマからまいりましょう。


  蓮頭の意匠は葉っぱと茎からみておそらく「牡丹」。彫りは細かく複雑で,なかなかの腕前です
  真ん中からまっぷたつに割れていますが,糸倉にへっついてる関係で,かろうじて分離はしていない状態。

  ぱっくりとかなり小気味のいい割れかたですが,欠けたところがないのが幸い----くっつければ普通にくっつく感じですね。



  糸倉は横から見て,アールが深めで厚みのある,唐渡り・古式月琴の典型的な形状です。
  弦池は彫り貫きではなく天に間木をはさむ型ですが,左右の厚みが6ミリほどしかなく,華奢で丁寧な造りになっています。
  軸は全損。工房到着時には三味線の細棹なんかでよく使われる軸がささってました。

  今回の修理のメインになるのはおそらく,この糸倉部分の損傷。

  ふつう「糸倉が割れている」というと,軸穴のところから横に割れた場合が多いのですが,この糸倉の場合は「縦に割れて」います。
  楽器正面から見て糸倉の右側面部の棹背がわ,その内側あたりがごっそりと,削ぎ取られたかのように欠けているんですね。

  見たところ,衝撃や打撃による損傷ではありません。

  この楽器は胴や棹がタガヤサンで作られているようなのですが,このタガヤサンという木は「鉄刀木」と書くほどカタくて丈夫なものの,乾燥が難しく,よく「暴れる」ことで有名です。おそらく,この棹を作った木のカタマリ自体が,もともと内部にこういう裂けヒビを持ったものだったのでしょう。楽器が出来たあとしばらくしてから,外からの衝撃ではなく,内部のヒビから木目に沿ってポロリと自然に「欠け落ちた」って感じですね。
  損傷部分の表面はややササクレだってモロモロとしており,これからまだ何とかなっちゃいそうな細かなヒビも数多く見えます。(汗)
  欠損部分はこの側面の軸孔ほぼすべてにかかっていますが,孔自体には演奏・操作の支障となるような「横方向の」割レやヒビはないので,軸を挿せば演奏することも可能な状態……なのではありますが,もともと6ミリしか厚みのない側部,場所によっては軸孔自体の厚みが2ミリくらいになってしまっているところもあります。さすがに「鉄刀木」と書いてタガヤサンというだけあり,その状態でも強度的には問題ありませんが,耐久性の面では不安がありまくりです。
  薄くなった軸孔が軸の摩擦で削られちゃうかもとか,軸孔内部のヒビからさらに裂けちゃうんじゃないかとか。
  弾けなくはありませんが,楽器として「弾き続ける」のにはやっぱり,かなりムリがありそうです。

  とはいえ,ナナメで,エグれて,ガタガタ凸凹のこの複雑な損傷………うーん,どうやって修理しようか。
  悩むところであります。


  うなじは絶壁,山口のところに「ふくら」はなく,棹は糸倉と同じ幅でまっすぐ。
  棹背にはわずかにアールがつけられています。

  棹背に小ヨゴレ。また糸倉の損傷箇所からうなじの部分にかけて,大きめのヒビ割れが一本,そこからさらに棹の部分にも小さなヒビが断続的に延びています。

  やったのが製作者か前所有者かは分かりませんが,この糸倉から棹全体にかけての表面は,黒い塗料で塗られています。
  棹背の部分はタガヤサンの木目が出てますが,ほかの部分は真黒に塗られてるんですね。この塗装は糸倉の損傷箇所にもかかっていますから,塗られたのは糸倉が割れてから後の事ということになりますが,損傷を隠すため,にしてはぜんぜん隠せてないから意味がありませんし,保護を目的としたものにしては,塗膜のないステイン系の塗料のようでありますから,これまた用をなしません。
  意図不明でありますねえ。


  意図不明といえば。棹茎(なかご)をご覧ください。
  真っ赤です。
  古式月琴は一本桁が多いので,自然,茎は長くなるのですが,その長い茎全体が真っ赤に塗られています。
  この色は----スオウじゃないですね。おそらくはドラゴンブラッド(竜血)ではないかと思われます。
  こういうのはハジメテ見ますねえ。ここを赤く塗ってナニか意味があるのか----いくら考えても,分かりませんわ。
  棹基部からの長さは207mm。表面板がわに「上拾二」と墨書。字はなかなか達筆です。赤く塗られてる延長材はマツの類ではないかと思われます。
(つづく)


胡琴を作らう!(3)

K01_03.txt
斗酒庵 胡琴を作る の巻2012.2~ 胡琴を作らう!(3)

STEP3 詐欺師たちの日常


  さて,作業日数二日くらいであらましのところができちゃった楽器製作ですが。
  まあこのまんまだと,胴体も棹も白っぽくて。なんかどっかで買ってきたキットを組み立てただけみたいでつまりません。
  今回の胡琴,SOS団で弾いてもらうつもりで作ったんですが,古い楽器といっしょに演奏してて,こいつだけなんか悪目立ちするのも何となくヤですし,斗酒庵流にちょっと遊ばせてもらうとしましょうか。

  ----ですので。
  たんに楽器を作ってみたい,という純真な一般の方々には,これ以降の記事は参考にはなりますまい,悪しからず。

  まずは軸を染めます。
  まあこれはいつものこと。スダジイはそのまんまだとまッ白で面白くないですからね。
  ヤシャブシ液にスオウを7:3くらいで混ぜたのを,湯煎で温め,時間を置いて二度ほど,表面に流しかけるようにたっぷり塗って乾かします。乾いたら表面のケバ立ちを,Shinex の#400 くらいでこそぎ落としますが,この時ちゃんと染まってない白っぽいところがあったら染め直して,も一度磨きまで。

  スダジイという素材は,硬さ丈夫さの点では問題なし。油分がぜんぜんなくてパサパサしてるので,こういうステインはしやすいんですが,そのぶん素材に粘りがなく,モロい面もあります。
  ですので染めが終わったら,かならず軸先を中心に亜麻仁油で拭いて,油分を足してあげましょう。


  つぎにこの白っぽい竹の色をどーにかしましょう。
  とはいえ竹というのは,「染め」に関してはけっこう手ごわい素材であります。
  表面のガラス質の層は,塗料・染料をハジきますし,竹そのものに油分が含まれているため,木材のように,ただ表面に塗布しただけでは,色が繊維にまでなかなか届かないんですね。

  塗ってもハジくし,染みこむ前に乾いてしまいます。
  ではどうするか----こうします。

  まずはウェスを切って,柿渋の中にどぷん。たっぷり染みこませます。
  それを棹と胴体に巻いて,表面をラッピング。
  てきとうなレジ袋でくるんで,一晩置くと----


  滲みてますねえ。
  このところ小物の染めで使ってる技法の応用ですわ。
  うまくやるとほぼドブ漬けにしたのと同じくらいの効果があるみたいですね。
  乾くと元に戻っちゃいますが,柿渋が滲みてるのは事実。日数がたつと発色して参りましょう。


  大陸の京胡だとだいたいは飾りは少なく,竿頭も節のところで切ってあるくらいのものですが,古渡の胡琴とか高級品の中には竹に唐木で龍頭の竿頭飾りを継いでたりするものもないではないです。
  じつは今回の楽器は最初から銘が決まってて---つまりはそのイメージで作ってるんですが---「金鈴子」と言います。
  秋の鳴虫の一種で,正式名は何か知りませんが,上海あたりではコオロギなんかといっしょに,竹筒に蓋をつけたような容器に入れられて売られてました。その竹筒が飼育器であり,虫の音を楽しむ携帯容器でもあるわけですね。
  その竹筒の蓋をイメージして作りましょう。


  上のドームになってる部分はカツラの板から,下には¥100均屋で買った木製ボルトのナット部分を流用しました。
  ボルト部分と組み合わせるとこんな感じ。
  べつだんネジ止めにしたかったわけではなく,ボルトの直径が,たまたま棹竹のサイズにあっていたからですね。
  これも軸と同じくヤシャブシ&スオウ液で染めて油磨きしておきます。


  籐巻きの保護もふくめて,竿にカシューを二度ほど刷き,磨いたら楽器本体は完成です。
  あとは糸を張り,コマ作って千斤を結ぶだけ。

  弓はそれぞれお持ちの二胡の弓を使ってもらいますので作りません。今は安い二胡の弓なら,通販で\3000くらい出せば買えますしね。

  完成した自作胡琴の全景。



  棹頭の飾りはこんな感じになりました。


  丸い物体に丸い穴をあけて丸い棒を挿しこんだだけなので,そのままだと演奏中に胴体があっちゃこちゃに回って弾きにくいでしょうから,棹の胴体下にささってる部分をちょっと削ぎ,そのスペースぶんの木片を削って胴体に埋め込みました。
  これで棹は動かなくなります。いや…考えてみれば最初からそういう風に穴を加工しときゃ良かったんですけどね。(汗)なんせ初作なもので,ずいぶん後になってから気がついたのですよ。


  棹頭と棹尻は木片で塞いであるわけですが,棹尻のほうにちょっと悪戯を……
  「響き線」を仕込んでみました。国産の清楽器では,月琴のほかにも唐琵琶や阮咸,三絃子(蛇皮線)や瑶琴(和風ダルシマー)にまで,この「響き線」を仕込んでいるものがあります。胡琴に関してはまだ見たことがありませんが,おそらくどっかで誰かが同じようなことをしていそうですからね。先回りして仕込んでみました。
  短い直線とバネ線を組み合わせたこの型は,過去に修理した「赤いヒヨコ月琴(太清斎)」の内部構造を参考にしたもので,狭い空間でもある程度の効果が期待できます----もっとも,まだ実際に弾いて実験したわけではないので,ただやかましいノイズになるだけかもしれませんがね。

  さてこの自作胡琴がどんな音を奏でるのか?
  というか,そもそもちゃんと音が出るのかしら?
  次のWSでお披露目予定。楽しみであります。

(つづく)


« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »