« 31号唐木屋3(3) | トップページ | 工尺譜の読み方(2) 近世譜編 »

工尺譜の読み方(1) 古譜編

koseki_01.txt
工尺譜を読んでみよう の巻工尺譜を読んでみよう! その1

  月いちど,深川の「そら庵」さんで何となくやってる月琴のワークショップも3年(…えと,4年目だっけ?)を越え。
  龍馬さんの影響も薄れてきたか,このじゅうでは参加者も常連さんが多くなってきたもので,なんとなくこーゆーあたりオロソカにしてたんですが………

  そーだよなー,月琴持ってても,楽譜読めなきゃオモシロクないわなー。

  と,ゆーわけで,突然ではありますが。
  今回は月琴の演奏で使うむかしの楽譜 「工尺譜」 の読み方を説明しましょう。


STEP1 きほんのところ

楽譜1
  この工尺譜(こうせきふ)」 というのは要するに文字譜---音を文字に置き換えたものですね。
  クラッシクでいう「バイオリン協奏曲イ短調」なんてのの,「ハニホヘトイロハ」,てのもそうですし。
  ギターで使うコードの 「ABCDEFG」 てのもそれです。
  もちろん 「ドレミファソラシド」 だって同じようなものです。
  二胡とかやってる人は 「数字譜」 てのを使ってますよね?
  あれだってまあ,音を「数字」という「文字」に置き換えてるわけですから,言っちゃえば同じわけです。

  「月琴」てのはもともと,中国の音楽を演奏するために輸入された楽器。
  中国の文字つたら,そりゃあなた---「漢字」になりますわな。
  使われる漢字は基本9つ。

   合 四 上 尺 工 凡 六 五 乙 (1)

  それぞれ ホォ スィ ジャン チェ コン ファン リウ ウー イー と読みます。
  ま,ふだんWSではあんまり音で言わないから,とりあえずは並びだけ覚えておいてね。
  これが----

   低い 低い ド レ ミ ファ ソ ラ シ

  ---に対応します。(2)
  これより高い音は字の左に 「イ(ニンベン) をつけて表します。(3)
  つまり 「仩」 は1オクターブ高い「ド」,「仜」 は1オクターブ上の 「ミ」 なんですね。

*もちっとくわしく-いらないちゅうしゃく1.-*

 (1) 中国の工尺譜では「1オクターブ低い乙」を 「一(イー)」 としますが,日本で使われる一般的な工尺譜には出てきません。その理由については書いてるヒトが誰もいないんですが,「清楽」として入ってきた中国の南のほうの音楽は基本5音階で,「凡・乙」の音は補足的にしか使われなかったせいだと思います。(北のほうでは12音律7音階,ほとんど西洋のと同じなんですけどね。)笛ではどっちも出せますから,前後の音を見て低いほーか高いほーか判断するしかありません。むかしの譜面を見て曲を再現してると,時々どッちにしていーか迷う(^_^;)ようなこともありますよ。

 (2) 清楽の本当の音階は,これより3音ぐらい高くて「上」がだいたい 「Eb くらいなんだけど,それだと教えるのがメンドイ(笑)ので,うちでは 「上=C=ド」 にしちゃってます。

低音  (3) もう1オクターブ高いと「彳(ギョウニンベン)」が付きます。「唐琵琶」の譜なんかで時々出てきますね。逆に1オクターブ低いほうは,文字の最後の一画を下にハネます。こんなかんじネ---画像参照。まあこれもふつうは出てきませんからご安心を。


  さて,では実際に楽譜を見てみましょう。
  画像は拙所蔵,鏑木渓庵 『清風雅譜』 明治17年版。
  うちのワークショップでいちばんよく使われてる,基本的な楽譜。
  曲はこれまた,清楽でいちばんポピュラーな曲「九連環(きゅうれんかん)」です。
楽譜2 音一覧
  上の楽譜の漢字をドレミになおしますと,こうなります。

   ドミレミドレミド
   ソソラララ
   ラソラソラ
   ミミレミソラソミレド
   レド
   は高いド,ソ・ラは低いソ・ラ)

  月琴の音階は,右図参照。

  この図にもあるとおり,月琴の「最低音」(太いほうの開放弦)は「上」,つまり 「ド」 なので,それより低い 「合・四(ソ・ラ)」 の音は出せません。
  なので,月琴では 「合・六」 はどっちも 「ソ」(細いほうの開放弦),「四・五」 はどっちも 「ラ」 で弾きます。

  楽器で出せない音が,ナゼ楽譜に書いてあるのか?

  それは「工尺譜」という楽譜が 「1枚で "総譜" を兼ねている」 という,世界でも珍しい 「ちょー合理的な楽譜」 だからなんですねー。

  ……え,分からない?
  あー,まあそっかー。

  オーケストラが使う楽譜,たとえばジャジャジャジャーンとかの楽譜を見たことがあると一発で分かると思うんですが。西洋の五線譜だと,同じ曲でも,それぞれの楽器の奏でる部分は,それぞれ違った行に分けて書かれてますよね---たとえばいちばん上にピアノのパート,二行目にオーボエ……てぐあいに。

  「工尺譜」ではそういう必要がありません。
  月琴も琵琶も笛も太鼓もみな,おんなじ楽譜のおんなじページのおんなじ行を見て,それぞれのパートを演奏するのです。

  さっき言ったように,月琴は「上」から先しか出ませんが,「阮咸」や「唐琵琶」や「明笛」(4)といった,清楽で使われるほかの楽器は,月琴の出せない低い音 「合・四」 が出せるんですね。
  つまり月琴は「合」と書いてあろうが「六」と書いてあろうが,同じ「ソ」で弾きますが,阮咸や琵琶や明笛の人は 「合」とあれば低い「ソ」 を,「六」と書いてあれば月琴と同じ高さの「ソ」を出します。

  そうして合奏することで,そこに間7度,オクターブ・ユニゾンのアンサンブルが生じるんですなあ。(5)

  この本が最初の持ち主に買われた時点で,ここに書いてあったのは音階とフレーズの区切り場所だけです。
  拍子はどのくらい,とか,どの音をどれだけ伸ばせばいいの,とか,メロディを奏でるうえで必要な残りのことは,はじめはなーんにも書いてありません。
  でもよく見ると,符字の横とか下に「朱」で,なんかいろいろ書き込んでありますよね?
  これはむかし,この本を買った人が,清楽のお師匠さまのとこにお稽古に通って教えてもらいながら付けたものです。
  実はむかしの工尺譜とゆーものは,この 「朱」 が入ってないと,どんなに珍しい曲の譜面だったとしても,それがどんな曲なのかまったく再現できませんし分からないのです。

  んでは次に,その「朱書き」を説明してゆきましょう。

*もちっとくわしく-いらないちゅうしゃく2.-*

 (4) これは基本「上=Eb」で演奏した場合。うちではふだん「上=C」で演奏してるんで,明笛は月琴と同じ高さの音で吹きます。また「仩」のような高い音が「合・四」にはさまれている場合には,笛や阮咸はこれを1オクターブ下げて演奏します。たとえば「」というフレーズを月琴は「ドソ」,明笛や阮咸は「」と演奏するわけですね。これについても書いてある本はありませんが,こうしたフレーズを実際に楽譜どおりの高さで合奏してみると,笛は甲音が出切らないし,弦は指が飛ぶので演奏が困難。しかも出した音は,ほとんどありえないような不協和音にしかなりません。おそらくはこれも,低い「乙」がないのと同じで,清楽流行当時には書き残すまでもないような,合奏時の「お約束」だったのだと思いますよ。

 (5) いまでも時々「明清楽はユニゾンで弾かれる(つまりどの楽器もおんなじメロディ)」と書いてあるのを見かけますが,実際にはこういうオクターブの合わせもあるし,「伴奏曲」とか「ウラ」と言われるメロディを合奏してより複雑なアンサンブルも追及されてます。拙HP内「明清楽復元曲一覧」とかに,そういう合奏曲を再現したものもありますんで聞いてみてちょ。


STEP2 朱書きのココロ

楽譜3
  まずは---符字の右と左にが打ってありますよね。
  わたしはこれを「拍点」と呼んでいます。

  右の点から,左の点までが,4/4のときの「1小節」の範囲だと思ってください。


  もともとは「雨垂れ拍子」といって,お稽古の時にお師匠さんが,両膝を交互に叩きながらリズムをとる,あれから来たものなんですね----つまり右膝を叩いたときに右の点,左で左の点を書き込んだ,とでも思ってみてください。

  つぎに,符字と符字の間に棒線が引っ張ってあるとこもあります。
  これはまンま「棒線」って呼んでます。
(正式名称,どちらも不明というか不定...orz)

  むかしの工尺譜では,この「拍点」と「棒線」を手がかりに,それぞれの符の音の長さを推測し,メロディを読み解いてゆくのです。

楽譜4
  点二つで4/4の1小節ということは,点1コは2分音符の長さの範囲ということになります。

  では,分かりやすいように,符割りのキマリを実際の画像とともに箇条書きにしてみましょうか。

全符  1) 1つの文字の左右に点。音の長さは1小節ぶん,つまり「全符」
2分音符  2) 点1コの範囲に1字のみ。その符字は「2分音符」の長さ。

  棒線で結ばれてる字は基本「均等に短く」弾く,ことになっています。
  てことは---

4分×2  3) 点1コの範囲で2コの文字が棒で結ばれている。
    その音はおのおの「4分音符」の長さ。

  もちろん4コつながってれば「8分音符」の長さになるわけですねー。
  ここまでは音の長さが均等な関係の場合。
  これだけでも知ってれば,ほとんどの譜はなんとか読み解けます。
  ここからがちょとメンドウかもしれませんね---つぎに,音の長さが違う場合。

2分半+4分  4)2文字の最初のほうに点が2コ,次の文字にはなにもついてない。
    1小節の最初の1音を長く,つぎを短く弾く---つまり「2分半+4分」
4分半+8分  5) 点1コの範囲に2文字,最初の1字に点,後のにはなにもない。
     同様に「4分半+8分」
4分+8分+8分  6) 点1コの範囲に3文字,後ろ2文字が棒で結ばれている。
      これは「4分+8分+8分」

  この逆なら「8分+8分+4分」になるわけですね。
  あとひとつ---このあたりはまあ,実際に出てくればカンでも分かるとは思うんですが,いちおう覚えといてください。

4分+8分+8分  7) 同じメロディをくりかえす場合,起点に 「 もしくは [ 
   終わりには「又」を入れる。

  ----とまあ,こんなあたりが当時いちばん一般的だった表記法なのですが。
  この「朱入れ」の方法,「流派によって」どころか,それぞれのお師匠さんレベルで違っており,同じ流派の中ですらほとんど統一性がありません。(汗)

  たとえば庵主の持ってるこの明治17年版では「4分+4分」「4分半+8分」も同じように棒線で結ばれてます。「4分+4分」のときは棒線だけで何もありませんが,「4分半+8分」棒線の上に「ヘ」みたいな記号が書き込まれています。つまり上の画像では1行目の4小節目を「4分×4」と解説してますが,実際には「4分半+8分」と「4分+4分」なわけで…まあ,どっちで弾いても,実はそんなに違いはありませんが(笑)
  また,この楽譜でも3行目に3文字が棒線で結ばれてますよね。この場合は上の文字に点1つ,下が2字で点1つですからまだ分かるんですが,同じように3文字が棒線で結ばれてて,そのうえ点は1つ,「4分+8分+8分」だか「8分+8分+4分」だか分からないような箇所もありました(泣)。

  まあ,そういうあたりまでは気にしなくていーです。
  とりあえずは,上の1~6までをオボえとけばあとは応用---ってとこかな?

  次回は明治になってから普及した,「近世譜」というものについて解説いたしましょう。

(つづく)


« 31号唐木屋3(3) | トップページ | 工尺譜の読み方(2) 近世譜編 »