« KS月琴(3) | トップページ | KS月琴(5) »

KS月琴(4)

KS_04.txt
斗酒庵 菊の香に惑う の巻2013.10~ KS月琴 (4)

STEP4 半分の月がのぼるまで


  前回あげたフィールドノートにも記載してありますが。
  KS月琴,表面板の撥皮が貼ってあったあたりを中心に,木目に沿ったかたちのエグレ溝が何本も走っており,その一部は半月の下まで伸びています。
  木目を浮き出させるキメ出しの加工は,たいがい形が出来上がってから,最後の仕上げのときにするものなので,このエグレはやはり,面板にもともとあったものだと思われますね。(エライ板使わはったなー)

  せっかく半月の裏面を平らにしたのに,板のほうが凸凹では,どにもなりやせん。あとで撥布を貼付けるのにも不都合ですので,エグレてる部分を木粉粘土で埋めてしまいましょう。
  乾いたところで,木片に紙ヤスリ貼付けたので擦って均します。


  で,表面板の清掃----あちゃ,その途中でお尻のとこのヒビ2箇所,埋め忘れてたのを思い出しました!
  面板の浮いているところを再接着したら,ちょっと塞がって,ほとんど見えなくなってしまってましたからねえ。

  急遽作業を中断,おが屑を埋め込んで充填します。


  一日置いて補修箇所を整形,そのまま清掃。
  いつものように重曹を溶いたお湯をShinex#400に含ませてシコシコ。そんなに酷く汚れてもいなかったので,ほぼ一発でキレイになりました。

  また一日置いて,面板が乾いたところで,さあ半月の再接着です。
  庵主,ここでまた,もひとつポカを…取外す前に半月の原位置をケガいておくんでした…(^_^;)
  ふつうの作家さんの楽器だと,半月の貼付け位置には,目印として使ったケガキ線などが必ず残されてるもので,修理の時はそれを参考にして再接着の作業をするんですが,さすが不識----

  「あン? おりゃアそンなモン要らねェよ,目ェだけでじゅうぶんさネ!」

  て,とこでしょかね。 くそぉ,なンか悔しい!
  ----というわけでこの楽器,半月の貼りついていた場所には,マダラになったニカワの痕以外,半月の取付位置を示すような目印が,何もありません。


  まあ有効弦長など記録は録ってありますから,縦方向の位置についてはさほどの問題もありませんが。棹を挿して楽器の中心線を出すところから始め,糸倉から糸を垂らして,左右の位置決め……これがまた,かなり繊細かつびみょーな工作なので,2時間ほどもかかりましたか。(汗)
  そのうえになんか口惜しいのは。
  そうやって苦労して割出した位置が,おそらくはぴったり原位置だということですね。

  1ミリでもズレてれば 「はン,しょせん目見当なんてそンなもンよ!」 とかって勝ち誇れるのにっ!(…ココロがせまいニンゲンなもので…)

  さすがギリギリ楽器のギリギリ作者ですね。(誉めてるのか,コレ?)

  今度こそはで,ピッタリ決めた左右の位置の目印をエンピツで書き込んでから,半月がズレないよう細い板を渡し,ニカワをつけて接着。ニカワべたべただった原作とは違い,少し薄めのニカワを何度も塗って指の腹で接着面になじませ,少し表面がベタつくようになったところで合わせます----これが最強。半月の裏も面板も,かなーり神経質に水平を出したので,そッと置いただけで,吸い付くようにへっつきましたね。(うむ勝った,ここだけわ!)

  Lクランプでかるく押えてまた一晩。
  用心のためにもう一晩置いて,さて仕上げです。


  オリジナルのフレットは象牙か骨,おそらくは山口(ギターで言うところのトップナット)も同じような材質で作られていたことでしょう。フレットは7本も残ってますから,これをそのまま戻すだけなら,山口とあとフレットを1本新しく作れば,それだけで良いワケですが。前回書いたように,このオリジナルのフレットには問題があります。左右の高さが一定でない。片側が高く,片側が低くなっており,その落差は最大で1ミリ近くにまで及んでいます。

  これも前回書いたとおり,半月のほうは高さが一定なので,それでこういうことになるということは,棹のがわのほうに問題があったということになりますねえ。山口がちゃんと作られてなかったのでしょうか?


  とりあえず,ツゲで新しく山口とフレットを作ってみます。山口の寸法やカタチは27号のものを参考にしました。
  これを取付けて,糸を張り,フレッティング開始!----ふうむ,なるほど。

  たちまち問題発生。 絃高が高すぎます。
  棹の傾きは山口のところで背がわに約3ミリ,理想的な角度ですね。ふつう棹がこれだけ傾いていれば,絃高の低い,弾きやすい楽器になるはずなんですが……
  なんでこうなるの? というあたり,あらためて調べてみました。
  図に描いちゃいましょう----(クリックで拡大)

  横から見て弦のコースが(1)のようになってるわけですね。
  しかしながら,棹の傾きも山口の高さも半月の高さも同じなのに,同型の1号や27号はこんなふうになってません。 なにか原因が,初期の2面と違ってるところがあるはずです。

  そこでも一度,細かく調べて見ますと----ううん,これもまた,びみょーなところなんですがねえ…2番目の図をどうぞ


  ほんのわずかな加工の違い。
  実際にはこの図ほど,まっ平らになってるわけではありませんが,初期の頃よりわずかに簡略化され,平面的になった半月内側の彫りこみが,約1ミリ以前よりも弦をおしあげているんですね。

  目摂の菊の花が正面を向いていたころ を明治の10年代後半と仮定しますと,この楽器は清楽がいちばん盛んだった,明治の20年代から30年代のあたりで作られたものなのじゃないかと推測されます。初期のころは規模も小さく,一人でイチから最後までこつこつやってたんでしょうね。しかし,月琴の大流行のなか,さらに勧業博覧会で連続して賞をとったりもして,彼の月琴はかなり売れたものと思われます。同じ楽器を作り続けることによる慣れもあったでしょう。また注文をこなすため,量産のために省けるところは省かなきゃならないという場面も多々出てきたと思います。
  そのひとつがお飾りなどの外注であり,もう一つが,こういう細かい加工や調整だったんでしょうね。


  ----なもんでまあ一方的には責められませんが。 この楽器をこれから快適に演奏するためには,なんとかせにゃならんことは確かですわな。 山口を作り直して,も少し背丈の高いものにする。 という手もあるのですが,せっかく作ったものなので正直もったいないは世界のコトバです。 久しぶりで半月にゲタ噛ませましょう。 糸の出口に象牙の端材を貼付けました,厚さ約1ミリ。

  絃高1.5ミリほど下がりました,成功です!


  これでもうなんのシンパイもなく,仕上げにかかれるってもンですね!----といったところで次回。
 
(つづく)


« KS月琴(3) | トップページ | KS月琴(5) »