« カメ琴1号改修 | トップページ | 山形屋雄蔵3(2) »

山形屋雄蔵3(1)

T01_01.txt
斗酒庵 山形屋と再会 の巻2016.6~ 山形屋雄蔵 3 (1)

STEP1 戦隊ものでいうとブルー

  ひさしぶりの依頼修理です!
  お話がきたのが6月なかばのこと。楽器の状態によっては,完成が秋になっちゃいますがいいですか,とお尋ねしたところ構わないと快諾していただいたので,お引き受けさせていただきました。

  なんせわが住居兼工房,築ン十年のアパート二階中部屋の四畳半一間,冷暖房ナシですからねえ。夏場は灼熱ジゴク,カンカン照りだと外でも作業は出来ないし,ニカワとかもたちまち腐っちゃう。例年,7月に入ると,とても作業ができる環境じゃなくなるもんで,基本お断りしております(実際,何回かやって死にかけたことがありますからねえww)。

  数日たって届いた楽器を見たところ,これがまあ「ほぼ新品」と言って良いような,キセキ的な保存状態の一品で----虫食いは多少あるようですが,欠損部品はなく,木部の色合いと言い表裏板の白さと言い,いま作者の工房から出て来たような感じです。
  ちょっと見から言えば,はずれてる部品をヘっつけ直せば,それだけで弾けるようになる,みたいな感じです。これならまあ,本格的に暑くなる前までになんとかなりそう! ではありますが。(^_^;)……さてさて……庵主の経験から言って,こういう外面のおキレイな楽器は,かならずどこかにけっこうな悪魔が潜んでいるもの。油断はなりませぬ。

  まずはキアイ入れて,調査にとりかかりましょう!!

  今回の楽器の作者は「山形屋雄蔵」。
  自出し月琴20号,29号と同じ作者で,住所は日本橋区薬研堀47番地,屋号は丸に石の文字で,「石村勇蔵」「石村勇造」とも名乗っていました。
  関東の楽器らしい,首の細くスマートな月琴を作る,腕のいい作家さんです。


  胴体がほか2面より1センチくらい大きいですが,有効弦長:418,指板部分の長さ:148は前2面とぴったり同じ。
  え,同じ作者で同じ楽器なんだからあたりまえだろ?----って,それがそうでもないんだなあ,月琴の場合。明治の月琴職人さんたちは,みんなけっこうテキトウ,てんでにバラバラでやってたようで,同じ作者で製作時期も同じくらいの楽器なのに,最大3センチくらいも寸法が違ってたなんてことが,前にありました。
  29号よりは工作が手熟れていますので,20号と同時期かそのちょっと後くらいの楽器じゃないかと思います。

  表板は9枚継ぎ,裏板は8枚継ぎ。
  保存状態にもまして,原作者の木部の加工や接着の技術も高いので,板の浮きや側板接合部のハガレなんてものはまるでありません。
  それこそカミソリの刃も入らない,みたいなその加工や工作のワザは,まさしくさすがの一言なのですが----山形屋雄蔵の玉に瑕は 「仕上げと調整の粗さ」 にあります。


  たとえばこの棹の取付け。 棹と胴体の接合部はピッタリでスキマもなく,山口のところで面板表面から3ミリ背側に傾いているという,まさに理想的な工作!……なのに,微妙にねじ曲がってるんですねえ。(泣) 楽器のお尻から棹のほうを見た時,右に少し傾いてる感じになっちゃってます。石田不識の楽器などであるような,棹自体の材質からくる狂いではありません。棹全体が傾いてますから。
  こんなもん棹基部をきちんと調整すりゃ,いくらでも直るのに!----なのに彼はやらないンですよねえ。この楽器では山口の上辺を傾けて削って誤魔化してます。

  たとえばこの響き線……うーむ,楽器を振ってもガシャガシャ言うだけで,ちゃんと機能しとらんぞ。内桁に穴がないんで詳しくは分からないんですが,下の画像の20号の場合と同じく,たぶん先端がどっかに引っかかってますね,コレ。

  山形屋の響き線は,ちょっと特殊な曲げ方をしていて,ふつうよりもかなり長めです。ちゃんと機能していれば効果は高く,響きも素晴らしい。ただし,長くすれば調整も難しくなります。どんなに線が長くても,最高の状態で機能する一点がかならずあるはずなので,時間をかけてきちんと調整しておけば問題ありませんが,彼はなぜだかやろうとしません。線やその取付の工作なんかはカンペキなんですけどね。

  菊芳(福島芳之助)の楽器なんかにも,仕上げや工作の粗さはありますが,彼の場合それはむしろ「余裕」であって。そこを調整したり加工したりすることによって,よりよい結果になる,楽器の「のりしろ」とか「伸びしろ」みたいな感じで。書き残しまではしてませんが「あとヨロシク~(あ,オレ飲んで来るから)」と気軽に後世に宿題を出してるようなもの(それはそれで怒)なんですが。 山形屋の場合は単に「やらない」「断固としてやらない」----聞けばたぶん 「あ,オレそこいじるの好きじゃないから。」「月琴でそこまでする義理ないから」って感じなんですねえ。「最後の詰めが甘い」じゃなくて「最後までちゃんと詰めない」んです,確信犯的に。
  まあ,いちおうもにおうも「石村」の名を持つ作家さんですからね。売れるんで,たまたま流行り物の月琴にも手を出しはしましたが,「俺ァべつにもともとの月琴屋じゃねえぞ」みたいなところがあったのかもしれません。基本的なところはきっちりやる,ちゃんと音も出せるようにする。でもベストやトップを目指す気はない,みたいな。
  これはこれで職人気質というかひねくれものというか,そういう感じ。


  そいだからですかねえ。彼の楽器はだいたい,本体加工の見事さにくらべると,お飾りなんかかあまりにも貧弱,彫りもテキトウ過ぎるくらいです----別に「ヘタ」じゃないんです。単に「やる気がない」だけ。こういう部分には手間すらかけたくない,って感じなんですね。
  まあでも,今回の楽器,蓮頭や真ん中のお飾りなんかはかなりアレなものの,左右の仏手柑と,半月のコウモリさんは,そこそこがんばってるほうだと思います。
  うん,このコウモリさんは悪くないぞ。

  まずは調査結果のフィールドノートをどうぞ。
  本格修理は次回から。

  **以下画像クリックで別窓拡大**

(つづく)


« カメ琴1号改修 | トップページ | 山形屋雄蔵3(2) »