« 福州清音斎2(6) | トップページ | 『声光詞譜』電子版/ 『声光詞譜』電子版・天巻公開! »

福州清音斎2(7)

POPE01_07.txt
斗酒庵,清音斎と再会す の巻2021.5~ 清音斎(終)

STEP7 福州洋頭街の梁山泊

 1ヶ月半…いいえ,けっきょく2ヶ月近くもかかっちゃいましたか。福州清音斎,修理も最終局面となりました。

 清掃と染め直しの終わった胴体に棹を挿し,半月を接着します。
 まずは位置決め。原作者の目印は残ってますが,それを容易く信用するほど庵主のココロは純心ではありません(ふッ…ヨゴれちまったのさァ…)
 棹の指板部分に先端から数箇所,幅の中心になるところに印をつけ,それを目印に中心線を胴体のほうへ伸ばしてゆき,半月の上縁(真っ直ぐになってるところ)でそれと垂直に交わる線を設定----うむ,上辺位置は原作者の指示線とほぼ重なりましたわ。

 つづいて指板の先端,山口が乗っかる所に小さな孔を1つ。そこに竹釘を挿して糸を渡し,中心線と重なるようにしながら,半月のところまでひっぱります。「半月の中心」は全体の寸法の中心ではなく,糸孔間の中心になりますので,半月の上面にもマスキングテープを貼って,中心位置をしるしてあります。

 この半月の中心を楽器の中心線と重ねて行って……おお~,ここもオリジナルの指示線との差は1ミリほどです。国産月琴でもちゃんと測ってみたら5ミリくらいズレてたりするもンなんですが----さすが老舗,きっちりすべきところはちゃんと仕事してますね。

 半月の材は接着難◎の唐木のじゃじゃ馬・タガヤサンですので,接着面をペーパーで荒し,筆で湿らせたうえ。クリアフォルダの上に置いてしばらく放置し,表面によーく水気を染ませておきます。

 表板がわも筆でじゅぶんに濡らし,やや緩めに溶いたニカワを何度も塗っては拭いて染ませて,固定中に位置がズレないよう,板で囲んで接着します。

 半月の補強と山口の補作は,もうずいぶん最初のほうでやっちゃってます。ほかの部品も胴や棹の補修と並行で作ってしまっているので,あとはほとんど組み立てるだけですね。

 ではここでその他の部品の工程を----

 蓮頭は付いていたものを参考に,欠けた部分を想像で補って補作しました。

 材は前々回の老天華でも使ったホワイトラワン。
 本器も棹や胴側は同じ系統の材が使われています。


 ただ,この工房到着時に付いていたコウモリの蓮頭のデザインは清音斎のほかの楽器に付いていた例とかなり異なっているので,これが元々付いていた「オリジナル」なのかについては多少怪しいですね。接着はたしかにニカワでしたので,取替えられたとしても最近ではないと思いますが…

 相違点としましては,まず全体のカタチ。
 一般に国産月琴がやや横長なのに対し,唐物月琴の蓮頭は縦横の寸法が同じくらいになっています。これに対し本器のものは,推定される限りやや縦幅が小さい。国産月琴のもののほうに近いのですね。

 次にコウモリ自体のデザイン。
 左の画像の左がわは,ほかの清音斎の楽器に付いてたコウモリ蓮頭ですが,上端中央の渦巻に接している翼の先端が二股になってますよね----本器のものはこれが1本しかありません。最初上のほうが折れたんだろうと思ってたんですが,破断面を見てみるとそういう部分が付いてた形跡はありませんでした。そもそも,左のほうを見て分かる通り,渦巻に接しているのは二股になってる上のほう。本器のものは一本なのに接触しちゃってますから違いは明白です。

 あとコウモリの顔がね……
 唐物の蓮頭のコウモリの目は楕円形か円形が多いですね。本器のような三角目のほうが彫るのラクなので,量産型なためそうなったのかな?----とは考えられますが。
 ともあれ,彫り上げた蓮頭はスオウ染めオハグロ仕上げ,黒染を少しムラムラにして,棹の使用感と合わせてみました。

 つづいて,胴左右のニラミは庵主言うところの獣頭唐草----おそらくは雲龍を簡略化した意匠だと思われます。前々回の老天華と同じ類ですね。

 右のお飾りに欠損がありますんで補修しました。破断面を均し,補材を接着して整形します。
 ちゃっちゃとな~庵主の好物系作業ですので楽しいです。

 これが「龍」だとすると,この欠けてた部分はおそらく尻尾の先端と,前足のどちらか片方なんだと思いますよ。
 全体に色が褪せ気味でしたので,スオウやオハグロで染め直しました。
 通常,こういう左右対称のお飾りを作る時は,薄板を二枚接着し,だいたいのカタチに整形してから剥がして2枚にする,という技法が使われますが,本器の2枚は重ねても全然合いません。工作を見る限りどちらかが後補というような差異も見られませんでしたので,おそらくは量産目的の作業簡易化のため,同じ部品を大量に作った中から適当に選ばれた2枚なのでしょう。まあ重ねてみたりしない限り分からない程度の差異ではありますが。

 柱飾りは5つ残ってましたが,すべて前修理者によるギター化魔改造の一環で,表面が平らに削られてしまっていました。5つのうち3つは,形状と周縁に残った彫りやいままでの経験から,元がどんなだったのかだいたい想像できるのですが,残りの2つはまったく分かりません。

 今回は意匠が復元できそうな左の3つを彫り直して使い,後4つを補作して追加することにします。

 篆刻もやってたんで工具は揃ってますが,凍石は石ながら普通の彫刻刀でも彫れちゃいますからね~。彫りあがったら,表面をコンパウンドで磨き,裏に和紙を貼っておきます----次のメンテの時,はがすのがラクになりますからね。

 あと,前々回の老天華の記事でも触れたかと思うんですが,通常だと5・6フレット間にある扇飾りは,唐物の量産器の場合,ふつうの柱間飾りに置き換わって付いてないことがあります。

 本器の場合,それっぽい痕跡が見えないでもないのですが,本当に付いてたのか?と言われると少し自信はないですね。
 とまれ,無いと何か物足りない感じがするので,桐板で作っておきましょう。これもデザインは天華斎より流用。

 さて,部品も揃ったところで,いよいよフレッティングです。

 従前ではやたらと低い骨か象牙製と思われるフレットが付いてましたが,大きさも高さも滅茶苦茶なうえ,ボンドやセメダインで接着されてましたので,すべて前修理者による後補部品と考えられます。そもそも唐物月琴では,かなり高級な楽器でもフレットはふつうの竹板のことが多いですね。

 というわけで,今回のフレットもホームセンターで買える竹材を使います----例によっていささか手間は加えますがね。

 山口を丈13ミリにしたので,1~3フレットまではやや高めですが,4フレットからガクっと低くなって最終フレットでは5ミリちょい。
 庵主はそもそもフレットの丈をビビるぎりぎりに調整してますので,たいていオリジナルよりは高めになりますが,それで5ミリというのですから,唐物としてはかなり低いほうですね。
 胴上の各フレットの長さは,オリジナルの接着痕がほとんどあてにならず,分からないので,53号天華斎のデータを参考にしています。一般に唐物月琴のフレットは国産月琴のものより幅の変化が小さいもので,一番長い第6フレットでも5センチくらいです。

 推定されるオリジナルのフレット位置で配置した時の音階は----

開放
4C4D-64Eb-4E4F#+124G+194A-4Bb5C-5C#5D+405F-7
4G4A-74Bb-4B5C+345D+145F-485G+385A+346C-25

 フレットの原位置については,清掃した結果,オリジナルの指示線や接着痕がハッキリと分かるようになりましたのでほとんどはそれに従っています。清掃前は汚れと前修理者の接着剤のせいでほとんど分かりませんでしたからね。ただ第5フレットのところだけ指示線が不鮮明で,主に接着痕から推定しましたので,原位置なのか前修理者の何か貼りつけた位置なのか少し怪しいです。

 モノが竹なので切った削ったはたやすいのですが,さすがに真っ白なままだと悪目立ちしちゃうので,古色付けをします。

 どこのご家庭にもある 「月琴の搾り汁」(表裏板清掃後の洗浄液を煮詰めたもの数面ぶんのをMIX)にヤシャブシ液を適量加え,ひと煮たちさせたものにドボン----数時間置いて引き揚げ,乾かしたら次にアルコールで少し薄めたラックニスにドボン----

 数日乾かし,磨いて完成です。
 いつもながら,ふつうただの白竹製フレットにかける手間ではありません。また「古色」とはいうものの,これはあくまでも 「それッぽい色」 にしてるだけ。そもそも自然状態で竹がこんな色になってたら,たぶん竹肉の部分は風化してボロボロになっちゃってるだろうな~と思いますよ。まあ,偏屈職人の自己満自己満(www)。

 フレットが仕上がったところで,西洋音階準拠で並べ直し,少し再調整して接着。
 そのほかのお飾り類を付けて----

 2021年7月13日。
 福州洋頭街の楽器舗・清音斎の月琴,修理完了!

 ひさびさに面白い構造の楽器だったので,わっひょーい と調査に身が入っちゃったのと,コロナ下での稼ぎ仕事との兼ね合いもあり,いつもよりすこーし時間がかかっちゃいましたが,なんとか夏の草刈り帰省前に間に合いました。

 音はやっぱり唐物月琴の音。
 天華斎・老天華よりは玉華斎なんかに近いかな?

 板がまだ完全に乾いてませんので本気の音ではありませんが,弦音に太い響き線が唸るような余韻をかぶせてきます。なかなかに迫力のある音……国産月琴の厨二病的な余韻ではなく,健康的な「響き」ですね。
 「余韻」とは書きましたが,掛かりが少し早く,音尻よりはアタック音のすぐ後から効果が迫ってくる感じですね。音のヌケは少し悪く,余韻が短いぶん一音がやや短いのですが,板が乾いてきたら,このあたりにも多少の変化があることでしょう。

 唐物にしては長い棹----4フレットまで棹上ということは,関東の渓派の楽器と同じで,全長が645。不識あたりよりは数センチ小さいものの,唐物月琴の平均よりは1~2センチほど大きい感じです。しかしながら,さして取り回しや楽器の重心に違和感はなく,バランスは良く扱いやすいほうだと思います。お尻のところにポッチがあるので,立てて弾く時は膝の上で楽器が滑らないってのも利点ですね。

 フレットの工作とスケールの関係で,第2・3フレット間がややせまくなっており,指がポジションに当らないとうまく音が出ない時があります。通常,指はフレットの少し手前におろし,フレットの頭には触れないようにしないと音がミュートしちゃうんですが,ここだけは弦を3フレットの頭に斜めから押しつけるようにしたほうがうまく音が伸びます。
 このあたりは調整どうこうより,楽器の癖として慣れちゃったほうがラクですね----この点をのぞけば,操作性に関してさしたるアラはありません。

 修理前と比べると現在表裏板がかなり白っぽくなってますが,もともとの染めがかなり濃かったので,おそらく1~2年もすると色が上ってきて元の状態に近い色に戻るかと思います。



 清音斎には庵主の扱ったこのラベルのあるものののほかに「祖廟清音斎」「祖伝清音斎正老舗二記」「福州清音三六代老字号」といったラベルの楽器が確認されています。最後のラベル(三六代)が「三代目」だとするなら,お店の始まったのは天華斎とさほど違わない時期じゃないかと思われますが,そのへん今のところほかに資料がないので何とも言えません。
 今回の楽器は「二記」のラベルのものにほぼ同様の構造をした近似例があることなどから考え,初代ではなく二代目以降の作でありましょう。

 日本で清楽が興り,流行し,急激に衰退してゆく間に,大陸の月琴は国産月琴とは違う方向に変化してゆきました。今回の楽器は輸出用で,棹やスケールには日本の月琴の流行が取り入れられており,同時期に「楽器として」当地で作られていた月琴とは,一部異なる工程をはさんで作られていたものと思われます。
 流行が隆盛な時期だと輸出用の「特別品」として,現地仕様のものとはまったく違う工程で作られてたかもしれませんが,このころになるとおそらく,部分的に同じ工程・同じ部品が用いられるようになっていたのではないでしょうか。

 日本人が大陸の月琴を真似て作ろうとした時に,理解できない構造や加工があったのと同じように,中国人も日本人が真似た自分たちの楽器を見た時に「なぜここをこうした?」「なぜここがこうなっている?」といった疑問はあったと思います。

 日中両国人が純粋に「楽器としての」月琴を求めていた場合,そうした疑問は相互理解の種ともなり,やがて解消されていったでしょうが,この楽器の場合,売るほうも買うほうも,まあほとんど良く分からない状態でやっていたようです。そのためこの種の改変には,どこか不安定でチグハグな感じのすることが多いですね。
 音を奏でる道具でありながら,「音楽」そのものとほとんど関係のない,二つの国の商売事情のはざまで揺れ動いた結果と思われるそのカタチや構造に,いろいろと考えさせられることの多い,面白い修理でありました。

(おわり)


« 福州清音斎2(6) | トップページ | 『声光詞譜』電子版/ 『声光詞譜』電子版・天巻公開! »